読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

性同一性障害+無職ニート

愚痴かいてるだけ

貧しくても、必ず花や植物を飾りなさい

f:id:anzuyuzu:20170427205801p:plain

生クリーム、ではなく。ミネラルウォーターで溶いた酒粕だよん。寝る前に、顔にこれを塗って、ラップで乾燥しないように軽く顔にふたをして寝ます。つまり酒粕パックです。お風呂でパックしないときは、寝る前にパックして、そのままで寝るのです。

そんなことをして、寝返りをうったときに布団が・・・と思うでしょ?でも私は寝たらピクリとも動かずに朝まで寝ていられるのです。凄いでしょー。

これをやると、翌朝、肌がとても白くなって、もちもちの肌になるよ。夏場は毎日やります。日中、紫外線を沢山浴びてるから、夜にきちんとリセットしないと将来シミになっちゃうからね。

面倒くさいという方は、トラネキサム酸+L-システイン+ビタミンCだけでも効果的だと思うよ。間違ってもキミ○ホワイトとか買っちゃだめだよ。ああいうの効果ないから。


さて今日は、母と買い物に行って、ちょっとだけ花の苗を買ってきました。うちの家は、庭も家の中も花だらけでございまして;

まだ学生の頃に、母に言われたことがあるのですよ。どれだけ経済的に貧しくても、家の中には少しでいいから必ず花や植物を飾りなさい、と。

花を飾ると、心が豊かになる。富で満たされるのとは違って、花は人間性をとても豊かにしてくれる。

これまた小学5年生くらいの頃だったかなあ。その頃の話なのですが。

例によって、私は植物図鑑を持って、ひとりで近所の公園にいた。そしたら、知らない男の子が声をかけてきたのです。

「君、ひとり?」「うん」「友達はいないの?」「うん」

こんな感じだったと思うけど、彼は「僕も友達がいない」と言って、それなら一緒に遊ぼうってなったのですネ。見ず知らずの人と仲良くなって遊ぶとか、ちびまる子ちゃんの話みたいだね。

何年生か聞いたら、私と同じ学年で、家も近所だった。ただし通っている学校が違って、彼は私学に通っていた。

今度うちに遊びにおいでよって誘われて、約束したんだけど、その場所が、私も時々お世話になっていた、すぐ近所の小さな総合病院だったんで「は?」ってなったよ。

聞いたら、その病院の院長の息子だった。たまに彼のお父さんに診てもらっていたのですがー。というか病院に住んでるの?と思ったけど、実際に病院の一角が住居になってたよ。

それで後日、遊びに行ったのだけど、病院と同じ感じだからか、家の中が薄暗いんだよ。置いてある物は高級品だと子供ながらに分かったよ。うちの物と全然違ってたもん。

でも、高そうなソファにテーブル、灰皿、絵画、あと忘れた。高級品ばかりだけど、なにか無機質で味気ない家だったよ。

何でだろうって思って考えたら、そうか、花や観葉植物が一切ないんだって思った。

だから数年後に母から、上で書いた言葉を聞いたとき、ふと、このことを思い出した。

ちなみに、私が一人暮らししたときは、ポトスやテーブルヤシを置いて、お金に余裕が出てきたら花を生けていたよ。

あと、ニンジンのヘタを水に浸して葉を生やしてた。今も家の台所でやってる。花や緑のない生活なんて気がおかしくなりそう。

さて、GWは過去の記事を地道に修正していこう。感情に任せてめちゃくちゃ書いてしまったものが多いからねー。いくらアクセス数が少ないとは言っても、恥ずかしい;