読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

性同一性障害+無職ニート

愚痴かいてるだけ

風俗嬢さんが格好良く見えたとき

テレビをつけると、つなぎ融資の女王さんのことばかりだね。さすがに38歳は無理があるけど、プロポーションは凄いなーって素直に思った。

この人、騙し取ったお金を、30代のタイ人の恋人に貢いでいたってことだよね。なんか話を聞いているうちに、BARで働いていたときのお客さんの話を思い出したよ。


27歳のサラリーマンの客(Aさんとしましょう)だったんだけど、女の人に騙されて貢ぎ続けて、100万円近く使っちゃった、らしい。

Aさん、少し年上の女性(B子としましょう)と知り合って、次第に恋仲になったつもりだった。B子が“好き”とか“愛してる”とか、思わせ振りな言葉を言ってきたので、そういう仲になっているものだと思ったんだって。

B子は、ひとり暮らしで生活が苦しいからと、次第にお金を少しずつ無心するようになった。Aさんは、頼られていると思って、喜んでお金を出してしまった。

それからは定期的にお金を無心されて、Aさんはお金を渡していた。それが1年半近く続いた。

その間、デートとかしたんですか?って、私は思わず聞いちゃったよ。そしたら、デートもキスもエッチも何もないって言うから、私も反応に困ってしまって。

だって好きだったら、お金云々は関係なく、それだけの期間があったらデートやキスくらいするよ。お金取られて、好きだとか言葉だけで好意を伝えられても、それってなぁ。。

それで、ある日を境に急にB子からの連絡が減った。Aさんが何度連絡をしても、返事が無かった。そしてB子から「ごめん、私たち友達に戻ろう」ってメールが着たんだって。

Aさんは頭が真っ白になった。好きだったから、ショックでうつ状態になったらしい。3ヵ月くらいして、B子から「実は結婚しました」ってメールが着て、それで吹っ切れたんだって。ああ俺、騙されてたんだ・・・って。


その日、まだお客さんはAさんと、いつもの常連風俗嬢だけだったので、私とオーナーと風俗嬢が、Aさんを囲むようにして聞き手になっていたんだよ。

それで、吹っ切れたという言葉を聞いて、風俗嬢が「えらい、それでいい」って言ってた。「いつまでもウジウジするより、話のネタが増えたと思ったらいい。100万円は勉強代と思って諦めなよ。どうせそんな女、結婚したってすぐに離婚するわ。なぁ?」って私に振ってくるんで、うんうん、と頷くしか出来なかった;

というか、風俗嬢が格好良く見えてしまった。私よりずっと年上だし、ああいう世界で生きているだけあるなぁって。私は、そんな言葉かけるどころか、頭に浮かびすらしなかった。

水商売の世界にいると、色んな人の色んな話が聞けたので面白かったよ。馬鹿騒ぎをしたいだけの団体客もいたけど、孤独で寂しかったり、Aさんのように誰かに話を聞いて欲しいから来る人だっている。

みんな、色々と抱えて生きてるんだよね。生きるって、つらくて大変。