読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

性同一性障害+無職ニート

愚痴かいてるだけ

おじさんが男の子に声をかける事案が発生

小学生の頃、休日になるとよく植物図鑑を片手に公園や川沿いに行って、草花をずーっと眺めていた。色んな植物を見るのが大好きだったのと、友達がいなかったから。

公園や路上で、よく知らないおじさんに声をかけられた。特に小5~6年の頃。お菓子をあげる、と声をかけられ、普通に駄菓子を詰めた袋をくれた人や、どこかの和菓子屋さんで売っていそうな詰め合わせを箱ごとくれた人もいた。

私はあまりハッキリと物事を断れないタイプなので、いらないです、と言っても「いいから持って行きなさい」と渡されるのがパターンだった。

そして、家に持って帰ると母が「知らない人から食べ物を貰ったら駄目」と言って、貰ったお菓子は即ごみ箱に捨てられるのも毎度のパターンだった。

ある時、やはり知らないおじさんにお菓子を渡され「もっとたくさんあるから家においで」と誘われた。さすがに私も何か変だと思って、断って早足で逃げた。

家に帰ってこのことを母に話すと「知らない男に声をかけられても絶対に無視して逃げなさい!」と、結構凄い剣幕で言われたのを覚えてる。確かに、今の時代だったら町の安全メールで配信されそうな事案だね;

小学生の頃って、やたらと声をかけられたなぁ。いつもひとりでいたから余計かな。この件があってから、私が出かける度に、母は「変な男に襲われそうになったら大声出しなさい」と言うようになった。

中学生になって早々と携帯電話を買ってくれたのは、防犯目的だったらしい。当時、中学生の携帯所有率は3割に満たないくらいじゃなかったかな。そんな時代に早々と買い与えるというのは、余程不安だったのか。というか話す友達がいないので、まさに防犯専用の状態だったよ。


それから10年以上が経った今でも、母は私が出かける度に「変な男に以下略」と注意を促してくる。いや、もう大人だから大丈夫だってば。

「その見た目で大丈夫なわけないでしょ、抵抗する腕力もないくせに。冗談で言ってるんじゃないからね」と、この前、言われたわけです。

でも仮にですよ、じゃあ痴漢なり変質者に遭遇したとしましょう。私の股間を触ったら、相手は「?」となるのでは。だって一応ついてるんだし。

そうなったら、相手はどんな反応をするのだろう。やっぱり「オカマ野郎」とか言われるのかな。むかつくー。

そうそう、クリマラ4枚すでに使い切りました。次はどうしようか迷ってる。NCノームとプレモンとアンドロキュアーだけで行くのか、クリマラも追加するか。或いはエストラーナテープも有りかなーって。

足の状態は問題なくて、浮腫みも痛みもないんです。どうなってるのだろうね。あと風邪は少しよくなりました。ねまーす。