読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

性同一性障害+無職ニート

愚痴書いてるだけ

もう血栓でも何でも来いっ

性同一性障害

朝はちょっとだけ気分がよかった。だから両親と出かけた。そしたら周りはカップルや家族連ればかりだった。幸せそうな女性にばかり目がいった。気分がどんどん沈んだ。立っているのもしんどくて、ひとりでベンチに座ってた。ずっと座ってた。帰り、勝手に涙があふれてきた。気が付いたら涙がボロボロ流れた。

ああ駄目だ。外の世界は幸せであふれてる。みんな幸せそうだよ。私だけ不幸のどん底にいる。早く家に帰りたい。デパス飲みたい。もう寝てしまいたかった。何もかも忘れたかった。

家に帰ってデパスを口に放り込んでベッドに倒れこんだ。母は一生懸命、私のことを理解しようとしてくれているのに、ごめん、私もう駄目だ。。生きるのが本当に苦しいよ。もう楽になりたい。気がおかしくなりそう。そう思っているうちに気が付いたら夜まで寝てた。

母は、みんな幸せそうに見えて、意外とそうではない人も多くいると言うのだけど。そうかもしれない。でも最初はみんな、幸せだったはずだよ。私は、その幸せすら経験してない。男性としての恋愛は経験したけど、それが本当の意味で幸せだったのなら、そのまま関係を続けていたよ。

それより、無理をして男性として生きてきた反動が最近すごいんだよ。もう男性を演じるの疲れた。とにかく疲れた、男性に頼りたい、甘えたいよ。。でも無理だもんね。どーせオカマ扱いだし!その辺の女性より容姿は自信あるのになーっと!泣

性同一性障害の診断が出る出ないって、何となく容姿の影響が大きい気がする。意外とすんなり診断が出たもんなぁ。というのは、容姿は、自分を女性に近付けようと努力してきた証拠でもあるもんね。

別に肩幅や体格、身長が大きいとアウト、と言ってる訳ではないよ?どんな体格だろうと、少しでも女性に近付けようとした努力の跡が見られるか否かというね。だから、学生時代にあれこれやっておいて良かったなーって思ってる。今は何もしてないけど。。

それと、苦しみを日記に書き綴っていたから、それも一応、読んでもらいましたよ。要は、ここで書いているのと同じようなことを、学生時代ずっと書いてきたからね。

ある意味、遺書のつもりだったんだよ。もし自殺したら、実はこれだけ性別違和で苦しんでいた、ということを両親に知って貰おうと書いてた。性別違和を告白した辺りで、もう書かなくなったけど。

それで診断が出て、何かが変わるかも…と思ったけど、何も変わらなかった。診断書を見せたらホルモン注射をしてもらえるけど、あれ痛いんだよネー。私は大の注射嫌いなので、錠剤をがばがば飲んでたら、血栓というオチ。もう嫌になる。。

ところで、実は最近、血栓が出来ているほうのふくらはぎが、またむくんでいるのです。クリマラを貼ったから?まだ1週間しか経ってないけど、関係あるかなあ。でもいいよ、このままクリマラを続ける。なんかもう、どうなってもいい。最悪、死んじゃえばいい。あーあ、ホルモン剤、捨てるんじゃなかった。飲み続ければよかった。

明日はお薬配給日かぁ。。デパスをがばがば飲んでみたいな。何もかも忘れてふわふわしたい。またお酒+デパスに頼りたい。本当に、ちょっと心が弱ってきてる。。

広告を非表示にする