読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

性同一性障害+無職ニート

愚痴書いてるだけ

性別違和

今日は朝から凄い気分の落ち込みでした。涙がぼろぼろ流れっぱなし。昼も夕方もなかなか気分が上向かず、定期的に涙が出てくる。

久しぶりに例の衝動が沸いてくる。でも必死に抑えた。せっかく父が綺麗に直してくれたから、もうボロボロの状態にしたくないと思った。まだ、そう思える、というか理性が働いているだけ、状態はマシなのかもしれない。

でも、完全には抑えられず、髪の毛を抜いたり、部屋にあるものを投げつけたり壊した。音を聞いた母が様子を見に来た。私は、ただ泣くしか出来なかった。

母は、私が落ち着くのを待って、色々と話を聞いてくれた。母がいなかったら、私はもうこの世にはいないのかもしれない。それくらい、精神が不安定な私を何度も助けてくれた。

朝から、孤独のつらさに完全に押し潰されていた。独りで色んな悩みを抱え込むのが、つらくなった。友達ではなく、いつも側にいてくれる、支えてくれる存在が欲しかった。それは一生望めないのだと思うと、余計に涙が止まらなかった。

恋愛や結婚に興味が無いと言っている人のことが、どれほど羨ましいか。私も、独り身の自由というものが楽しめる人間なら、こんなに苦しむことは無いのに。強がってみても、やっぱり駄目。私は独りでは生きていけない。

最近、特に孤独を受け入れられなくなってきた。幸せそうなカップルや、子供を連れた夫婦を見ると、気持ちの落ち込みが酷くなった。この世で、自分は最も不幸だと思うようになった。勿論、もっとつらい人生を送っている人がいることは分かっている。でも私だって、死にたくなるくらいにつらくて苦しい。その苦しみを分かってくれる人がいないことが、何よりもつらい。

女性と付き合っている時は、孤独ではないという意味で幸せだった。でも、男性として付き合っている以上は、あまり泣き言を吐き出せなかった。男性として、色々な意味で彼女のことを受け止めてあげなければならなかった。それがしんどくて、疲れてしまった。男性として生きていけないと、悟り始めた。

自分のことを女性として扱ってくれる男性と、恋をしてみたかった。頼りなくて、情けなくて、甘えんぼの私のことを受け止めてくれる存在が、欲しかった。いつも側にいてくれて、悩んだりしている時に、ぎゅっと抱きしめてくれる存在が、欲しかった。そういう人と、幸せな家庭を築きたかった。お金なんかいらない。普通に、女性としての幸せが欲しかった。

日々、少しずつ、少しずつ、生きようと思う気持ちが無くなっていく。バイトできる状態ではないのは、両親に言われなくても、自分自身がよく分かってる。それでも応募しているのは、楽になりたいから。両親にお金を渡したら、その辺りで終わりにしたい。その気持ちは変わらない。

ずっと独りで抱え込んできて、そろそろ限界が近いと思う。誰も、本当の意味で、私の苦しみなんか分かってくれない。本音を吐き出せるのは結局、ここしかない。こんな苦しみを抱えている人もいるのだと知ってくれたら、それでいい。

ずっと泣いていたから、頭がガンガン痛んで、眠気がすごくなってきた。今日はデパスいらない。早めに眠れそう。。

広告を非表示にする