読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

性同一性障害+無職ニート

愚痴書いてるだけ

アクセス数のこと

性別違和

1日遅れての雛祭りを本当にやってくれた。ちらし寿司と、ハマグリのお吸い物と、ケーキを食べた。味は…よく分からなかったけど、涙が出てきそうだった。

雛祭り自体はどうでもよかったけど、母は私の為にしてくれたのだし、父も、私の精神状態が少しでも前向きになればと、壁紙を綺麗な明るい物に貼り替えてくれた。こんなどうしようもないクズ息子に、両親はここまでしてくれる。そんなことを思っていたら、こみ上げてくるものがあったんだ。両親には、まだまだ元気で長生きしてもらいたいな。本当にありがとう、と口では言えない天邪鬼。

ところで、このブログのアクセス数が変なのです。12月の終わり頃に、月間PVが100に達したと通知が来た。1月の2週目が過ぎた頃、PVが1000に達したと通知が来た。ちょっと怖かった。2月は何も通知が無かったので、元のアクセス数に戻ったのだろうと思った。

ある日、ホルモン剤血栓症のことを調べたくてググっていた。そしたら、このブログが結構上位に出てきた。「えっ!?」って思ったよ。思わずアクセス解析を見たら、総アクセス数が5000を超えていた。怖くなった。

去年の4月、アメブロでブログを始めた。1年前、精神状態はここまで酷くなかった。ブログを通して、性別違和の悩み・苦しみを持つ人たちと交流を持ちたかった。ネット上だけでもいいから、悩みを共有できる仲間が欲しかったんだよ。だから毎日アクセス数を気にして、アクセス解析を見ていた。

ところがアクセス数0が続いた。2ヶ月ほど経って、1日に5アクセス程度になった。でも、誰もコメントをくれなかったし、「いいね!」ボタンを押してくれるのは99%が業者だった。結局、最後までアクセス数は増えず、性同一性障害の仲間はできなかった。

本来は、自分から他の人のブログに訪問して、挨拶して、仲間に加えてもらうものなのだろうね。でも、そういう交流に慣れていなかったから、コメント欄に何を書いていいのかも分からず、考えているだけで疲れてしまって、何もできなかった。

去年の夏ごろから、精神の病み具合が悪化してきた。アクセス数なんか、もうどうでもよかった。自分のブログに表示される「芸能人ブログランキング」が、次第に不快に思えてきた。エビゾー、北斗、小林マオ…何だか知らないけどうざい。とにかくうざかった。自分が苦しいのに何が芸能人ブログ。。アメブロが嫌になった。去年の11月に退会した。

それで12月、ここで再度、ブログを始めた。性同一性障害の仲間が欲しいのではなく、アクセス数が欲しいのではなく、単に愚痴を吐きたかった。精神状態も、かなり悪化していた。誰とも交流はしたくなかった。

だから、コメント欄、いいねボタン、読者登録ボタンなどは全て排除した。キーワード設定も、PING設定も、検索サイトやブログサイトへの登録も一切していない。偶然ここを見た人で、共感してくれる人が定期的に読んでくれたら、それでいいと思った。アクセス解析なんて興味なかったし見なかった。多分、アメブロの頃と同じだろうと思った。

…で、2月だけで3000アクセス近くある。正直、怖くなった。別に面白いことは書いていないよ?性同一性障害を自称する自己女性化愛好症の人や、増え続ける性同一性障害もどきに対して罵詈雑言を書きまくっただけ。あとは愚痴などを感情に任せてめちゃくちゃに書いただけ。なんだけどなぁ。。

まあ、ブログのサービス会社が提供している無料アクセス解析なんて、数の水増しが酷そうだけどね。実際は1/100くらいだったりして。そのほうがホッとする。私は、リアルもネットも目立ちたくないもん。。

とはいえ、アクセス元はグーグルが圧倒的で、次いでヤフーということを考えると、検索でやってくる人が圧倒的に多いみたい。万が一、姉とか友達に見つけられたら嫌だな。私だと特定されそうな情報は消しておこう。。

でも、この数字がいつまでも続くとは思ってない。そのうち落ち着くと思うよ。いつも見に来てくれる人が少しでもいてくれたら、それでいいよ。私のつまらない愚痴に付き合ってくれる人がいてくれたら、それでいい。いつもありがとね。

ちなみに、NHKのシブ5時で、ブログで愚痴を書いてストレスを発散するのもひとつの方法って言ってたね。ブログでめちゃくちゃに書きまくるのって、結構スッキリするよ。でも、それで誰かを傷つけていたら、、、と最近、考えてしまうのだけれども。。。

広告を非表示にする