読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

性同一性障害+無職ニート

愚痴書いてるだけ

右も左も馬鹿ばかり

性別違和

心が病んでから、地上波のテレビ番組はどれも煩いノイズにしか聞こえなくなった。朝から掘北真希が引退だとかまじでウルサイ。物凄くイライラする。でも、例の幼稚園の問題映像が流れてきて、これには正直、驚いてしまったよ。

で、教育勅語って何?母に聞くまで本気で分からなかった。何だか難しそうなものを復唱できるなんて、私より賢い子たちだネ。園長とっても臭そう。加齢臭じゃなくて、田母神と同じ臭いがする。何となく顔も似てる。わんこの臭い云々言う前に、自分たちが臭ってるよ。

というか右も左も気持ち悪い。どちらも一週回って何とやらの同類だよ。どう生きてきたら、あんなに偏れるのだろうね。

私が通った小学校も、何となく似ている部分はあったなぁ。校長が右思想で毎朝、朝礼があって、行進をしながら運動場を一周して、国歌斉唱&国旗掲揚、そして校長のとーっても為になるお話を長々と聞かされた。あまりに長いので、気分が悪くなったり、しんどくて座る生徒もいた。それと行進って、運動会みたいな普通の行進じゃないよ。ピシッと、軍隊みたいにしっかりやらないと怒られた。

とにかく校長の支配力が凄くて、頼りない先生は、生徒たちの前でも容赦なく校長に怒られていた。先生たち、特に若い女性の先生なんかは、怯えているのが子供ながらに分かった。今考えると、まるで昭和にタイムトリップしたような異常な学校だった。

例の幼稚園、お昼ごはんを時間内に食べ終わらないと、廊下で食べさせられるって報道されていたね。私が通っていた小学校の給食は、時間内に食べ終わらないと、皆が自由時間になれないという連帯性だったんだよ。

私はアレルギーを持っていて、果物全般、メロン、スイカ、キュウリを食べると、口元が赤く腫れたり、気持ち悪くて吐きそうになったりする。でも、当時はアレルギーだなんて分からなかったから、親も嫌いなだけだろうと思ってたみたい。

給食でそれらが出たら、いつも牛乳で無理やり流し込んで・・・でも気持ち悪くなるんだよ。だから食べるのが遅かった。早く食えよって、よく言われてた。給食の時間は苦痛だったなぁ。

私が体育(というか水泳)の授業を休みまくって、担任たちが家に来たって前に書いたよね。何を話したのか、内容を聞かされていなかったけど、母がこの前、話してくれたよ。成績も悪いし、学校は休みがちだし、水泳サボるし、友達もいないみたいだし、特殊学級に入れたらどうですか?と言われたんだってさ。

断ったら「また来ます」と言って帰って、そしてまた来た。何回か来たのは知っていた。で、「お宅のお子さんは落ちこぼれ」って言われて、母がぶち切れたんだって。うちの子は落ちこぼれじゃない、絶対に特殊学級なんかに入れるか!って。例の幼稚園の園長のことを聞いていると、なんか考え方とか物言いが似てるなって思った。

ちなみに、その翌年から校長が変わったんだよ。とても優しくて素敵な校長先生だった。不思議な物で、学校の雰囲気ががらっと変わった気がした。朝礼も無くなったし。だから森友学園、だっけ?何だか子供たちが可哀想だなって、ちょっぴり思いました。

でね、中学校は、日教組に乗っ取られたような極左学校だったんだよ。入学式で、君が代が流れても先生たちの多くは起立していなかったし、職員室の先生たちの机の上には「日の丸、君が代反対!」と書かれた小さな旗?みたいなものが置いてあって、壁にもあちこち貼ってあったよ。

朝鮮学校の生徒たちとの交流会もあったなぁ。あと、在日韓国人の人たちとの交流会とかね。日本は過去、韓国に酷いことをしました。日本は、日本は──。日本の悪口しかなかった。日本人として、どう感じたのか、感想文も書かされた。アリランという歌を歌わされた。イムジン川という歌も歌わされた。洗脳された生徒もいたかもね。

私の、右翼への印象は、弱者や無知な人を見下し邪魔者扱いする。左翼は、弱者や無知な人を見下し悪い意味で利用する。つまりどちらも、ろくなものじゃないって感じだよ。

特殊学級に入れられそうになる位お馬鹿なので、いつも文章がめちゃくちゃでごめんね。母が「今年は雛祭りやろうか。うちにはもうひとり“女の子”がいるから」だって。もう年齢的に遅いよ。

広告を非表示にする