読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

性同一性障害+無職ニート

愚痴書いてるだけ

日米の専門家の意識の差

性同一性障害

アメリカのとある大学の調査で、同性婚を合法化した州の若者の自殺及び未遂が減ったんだって。同性愛者に対する差別・偏見が、まだ多いということの裏返しとも取れそう。

人に自分のことを言えず、希望も持てず、抱え込んで、思い詰めて、悩んで、死を選ぶ人の気持ちは、よく分かる。表向き差別が無いようで、どの国もまだまだそういう空気に満ちているのかもしれない。そして静かにこの世を去る人が、必ず一定数いるのだろうね。

私がネットを殆ど見なくなったのは、精神的に病んで気力が無いのが大きいけど、もうひとつ、ネットの世界があまりにも差別や偏見に満ちていたからだよ。同性愛者だけじゃない。あらゆる弱者や、そして性同一性障害の人らに対しても。見ていて、人ってここまで性格が歪むものなのかと、ちょっとショックを受けた。

以前、マツコデラックスが「2ちゃんに死ねって書き込む人の気持ちは痛いほど分かる」と言ってたけど、私にはさっぱり分からないよ。性同一性障害の当事者として、そういう酷い書き込みを目にして、物凄く嫌な気分になった。他にも、障害を抱える人や生活弱者に対しても、物凄く差別的な書き込みが目立った。そういう書き込みをする人たちの気持ちが分かるって、人間的にどこかおかしいよ。2ちゃんだけじゃないけどね、酷い書き込みって。

私も、自己女性化愛好症の人に結構酷いこと言っちゃってるけど、それは自己女性化愛好症の人が性同一性障害を自称するから、ついムカッと…。そうでなければ、自己女性化愛好症の人をせめるつもりは無いんだよ。。誰が何をしようと、どう生きようと自由だもん。嫌な気分にさせてしまっていたら、ごめんなさい。。

平気で人を傷つけたり出来る人って、本当の意味での友人がいなかったり、恋愛や失恋を経験したことが無かったり、身近な人の死を経験していなかったり、自分が深く傷ついたことが一度も無い人なんじゃない?それか、やっぱりどこかおかしい人だと思う。

様々な意味で弱者と呼べる人たち(私も含む)みんなが、差別や偏見を受けることの無い住み易い世の中って、普通の人たちにとっても住み易い世の中だと、皆がそう思うようになったらいいのにね。綺麗事でなく。だって私は完全に差別される側だもの。きもいって言われた事あるし。

それで話を最初に戻して、冒頭の同性婚について調査研究をしたのがジョンズ・ホプキンズ大学の教授。性別適合手術についての術後追跡調査を行ったのが、ジョンズ・ホプキンズ大学付属病院の教授。

術後、自殺する人や精神病になった人が多かった為、正当な医療行為と認めないとした。性同一性障害の患者に対しては、カウンセリングによる治療を行うべきである、と。そして病院はジェンダークリニックを閉鎖した。

日本は、こういうことを調査している専門家はいないのだろうか。何かで目にした、日本でも術後の自殺が多いと言うデータ。なぜ、テレビで性同一性障害の特集を組んでも、こういう話題には触れないのだろう。なぜ、性同一性障害の人たちの多くは、手術に疑問を持たないのだろう。タイは手術の先進国とか、そのようなことを紹介したり流したり、なんだか手術を薦めているみたい。

手術を受けることは個人の自由だけどね。何だか気持ち悪いなって思う部分もあるよ。ま、何でもいいや。はぁ、デパス無しでもぐっすり眠ってみたい。今週はデパスを服用してないけど、連日、ラジオ深夜便の終わりまで聞けてしまう。。眠いのに眠れない。デパス、、うう、市販のウットでも買って来ようかな。。。

広告を非表示にする