読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

性同一性障害+無職ニート

愚痴書いてるだけ

私なんか、私なんか、、、

性別違和

日光浴、散歩。帰ってぼぉーっとしてた。気分は相変わらず重い。精気の無い顔してる、と母に言われた。でもうつ病じゃないよ、これはホルモンバランスの崩れからくる自律神経失調症だよ。「嘘つきなさいよ、去年から様子おかしかったじゃないの」「・・・」

それでもパキシルはやめる。この前、本屋に行って、精神病の類の薬剤のことが詳しく載ってる書籍を立ち読みしていたら、パキシルは最も危険な薬となっていた。依存性だけではなく、依存から来る暴力衝動や自殺衝動とか書いてあった。

デパスは手元にないと不安。なるべく服用しないようにしているけど、どうしても不安定な時は頼らないと、不安で潰れそうになってくる。お酒はやめた。元々嫌いだし。

でね、私のうつ病って結局、根本は性別違和が原因なのは間違いないよ。だから高校の頃には既に精神不安定だったし、自分の身体が嫌いで傷つけてた。思い切り傷つけたところって、梅雨とかになるとシクシク痛む。採血やエコー検査のときには跡を見られるし、今になって後悔してる。といっても、やりたくてやったわけでは無いんだけどね。

パキシルや他の抗うつ剤向精神薬で、私のうつ病が治るなんて思えない。身体の悩みが消えない限り、もやもやした心が晴れるなんてありえない。医者が、私の悩みを理解できるなんて思えない。もう、どうしようもないことくらい分かってる。生まれた瞬間から終わりだった。

何かしらのハンディキャップを抱えながら、前向きに生きている人も勿論いる。人の生命力は凄い。何かに立ち向かって生きてきた人の心は強い。私は、、、身体の悩みのことばかり考えてきて、前を向くことをしてこなかった。いつも終わりの入り口を探していて、苦しみから逃げることしか考えてこなかった。

唯一、働いて一人暮らしをしていた3年間だけは、上を向いていたのかもしれない。私のピークは、そのたった3年間。それ以外は、今も、どんよりと淀んだ日々でしかない。私なんて、何も生み出さず、愚痴ばかり吐き出して、生きてる意味も無いゴミクズだよ。時々、自分でそれは感じてるんだ。自分がゴミ以下でしかない事実を。

もしかして、性同一性障害の人で楽しそうに生きてる人たちって、本当は苦しいけど、一生懸命に前向きに生きてるのかな。だとしたら、散々めちゃくちゃに書いてしまって申し訳ないって思う。

はぁ、、今日はまた気分がいつになく重いなぁ。男性を演じる苦しみ、男性に戻る苦しみ、男性として生きる苦しみ。あと何年頑張ればいいの?何も支えが無くて、もう心が折れそう。とても弱いのに、男だろ、男らしくしろと人に思われながら生きるのは、もう嫌だよ。

世の中の全てが嫌で、何も見たくない。幸せそうな人も、普通の人も、何もかも、視界から消えて欲しい。こんなのでどうやって生きていったらいいんだろう。私もう人として終わってる。。

広告を非表示にする