読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

性同一性障害+無職ニート

愚痴かいてるだけ

くだらない音楽のはなし

暖かいって言うけど寒いね。私の冷え性って相当の酷さなのかなぁ。今日は心療内科に行って来た。

毎回、予約なのに1時間くらい待たされる。そして診察5分。まあ私も悩み事は言わず素直に、はい、はい、で済ませる。医者からしたら出来た患者さんだよ。

処方箋もらって、さっさと調剤薬局に行くと、めちゃくちゃ暗い顔したおじさんが座ってた。

この人も心療内科組か?さすがに私はあそこまで病んでないよ。時々あんな顔してるのかもしれないけど…うーん、考えさせられる。

そういえば全然、日光浴してない。医者からは、朝7時~9時頃までに15分程度の日光浴をすること、と言われてる。

セロトニンが不足すると、うつが悪化するんだって。朝陽を浴びるように早起きを頑張るか。というか、私はうつなのかな?なんか違う気もする。

家に帰ってテレビをつけたら、ハートネットTVがやってた。ん、、よく見たらLGBT特集。もういいって。チャンネル変えた。QVCでいいや。

LGBTだけどいいの?」と母。私は関係ない。「LGBTって何の略だっけ」「ライオンズ!ジャイアンツ!バファローズ!タイガース!」 

そうそう、今日は臨時収入が入ったんだ。収入と言うかCDを売っただけなんだけど。とはいえブートレッグ盤ばかりだから、なかなかの値段になった。やっぱZEPやフロイドは良い値で売れるね。万単位になったよ。

中学生の頃からFMを聴き始めて、多くの洋楽クラシックロックを知ったなぁ。でも、だんだんと興味を失ってしまった。今では聴いても楽しめなくなってしまったよ。

だから集めたCDを処分していこうって思った。代わりに最近は古い邦楽を聴くようになった。サーカス、ダ・カーポ村下孝蔵…親が昔に買ったCDを拝借して聴いてる。

悩みを抱えて生きてきて、それでも若さで上を向いてきたけど、今じゃ希望も何も無い人生になった。

出会い、別れ、孤独、挫折、失望、絶望。色んなものを知って、音楽の趣向も変わった。昔の邦楽は、旋律や歌詞が心に沁みる。聴いていると涙が溢れ出てくる。

やっぱり私は日本人だよ。日本語の歌詞の美しさにやっと気がついた。歌詞なんかに意味を求めず、音楽なんて格好よければそれでいいと思っていたあの頃。

邦楽を馬鹿にしてきたけど、昔の邦楽は美しい。そう感じるようになったということは、私はすっかり身も心もボロボロになってしまったんだろう。

プロセキソールアンドロキュアープレマリンは生ゴミとして捨てた。もうLGBTなんて言われる筋合いは1ミリもない。終わったんだよ、何もかも。