読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

性同一性障害+無職ニート

愚痴書いてるだけ

心は女性だけど 男性としての本能を垣間見たとき

再びプロセキソールの服用を中止して3日。血栓の悪化に怯えて、男性化にも怯えて、なんだか疲れちゃいました。そろそろ素直に諦めて、男性に戻るのを受け入れるべきなのかなって考えてた。きちんと治療して良くなったら、また少量ずつ服用できるのかもしれないし、その辺りはまだ、なんとも分からないけども。

ふと、どうしてMTFの治療=女性化なのだろうって思った。身体を女性化させるって、考えたら身体にとって大きな負担になることだよ。心を男性化させる治療方法があれば、幸せになれた人も大勢いたのかもネ。それが可能だったら、私は、かつての恋人と幸せになっていたのかも。こんな孤独な生き方をしなくても、よかったのかも──って。

人生で一度だけ、本気で男らしくなったことがある。恋人と散歩をしていて、中年男性に言いがかりをつけられたんだ。別に何かをしたわけでもなく、本当に相手の一方的な言いがかり。私に対して暴言を吐くのは構わなかったけど、恋人に対しても暴言を吐いたから、かちんときた。相手が「やるのか?」と言ったから、私も「やってやるから来いよ!」と返した。

結局、私は恋人に止められて、相手は奥さんなのか通り掛かりか知らないけど、中年女性に止められていた。もし殴り合っていたら、病院送りにされていただろうけどね。何せ相手は体格が凄かったから。

あとで恋人に怒られたけど、気持ちは嬉しかったと言ってた。大切な人を守るという男性の本能的な部分が、自分にもあるのだと思ったよ。いくら心が女性だといっても、身体はやっぱり男性なんだってね。

もし、男性に戻って生きることになるのだったら、もっと早く男性として生きる道を選んで、恋人と縁を切らなければよかったよ。いまさら男性としてやり直そうにも、色々と失ったものが多すぎて。。

広告を非表示にする