読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

性同一性障害+無職ニート

愚痴書いてるだけ

どっかのエロ婆さんが 自殺は殺人と同じぐらい悪いことだってよ

なんか朝から気分重いよ。なんだこれ。それにふくらはぎがパンパンに張ってる。歩くと違和感がある。外も寒いし散歩やめた。

昼、友達から連絡が来たけど、しばらく誰にも会いたくないって返事した。悪いことしたかな。でも私と会っても、ネガティブな空気と会話で悪い方向に引きずり込んでしまいそうだから、私なんかと会わないほうがいいよ。

自分がよくない方向に進んでしまっているのは分かる。人との接触を避けて、何にも興味を示さず、目標もなく、1日ぼーっとしてるだけ。私はニートだけど、元気なのに何もせずに親のスネをかじっている人と違って、ゲームとかネットを楽しむ気力も出ないし(ゲーム機自体もってない)、生きることに前向きではなくなってる。

以前は、ネットを楽しむことくらいはしていた。まとめサイトとかクックパッドをよく見ていたし。だけど今は何も見なくなった。ヤフーのトップニュースすら見なくなった。血栓症のことやホルモン剤のことを調べる以外、グーグルも使わなくなった。

だから、どんな事件が起きたとか、何が話題とか、世情に関して殆ど何も知らない。ろくにネットをしない母のほうがまだ情報を知っていて、それで私に教えてくれたりする。以前は逆だったのに。

それにしても働いている人は立派だよ。きっと私のことを、ニートは楽でいいよなって思ってるだろうね。でも、実際は楽でも何でもないんだよ。気分が重くて何も出来ないんだよ。テレビ番組をかけても面白いと感じないし、音楽を聴いても楽しくないし、何を食べても美味しくないし、ネットで何か見たいものもないし、起きてることがしんどくて、ぼーっとしてるしかない。こんなのより、健康で働ける状態のほうがいいに決まってるじゃんか!

はぁ、今まで生きてきて、殆ど楽しいと思った時期が無い。学生時代なんか思い出したくもない。一人暮らしして恋人がいた時だけ楽しかった。男の心を持てるスイッチでもあれば、彼女のために己の全てを捧げて生きただろうさ。

今じゃ、孤独を受け入れて生きてる。心の1/3は淋しい気持ちが残ってる。2/3はそれでいいと思ってる。人と会うこと、話すことが億劫になってる。それにどのみち、人生の残りはそう長くない。生きていける自信がない。色々とありすぎて、もう疲れてきてる。

それでも親の前では暗い顔はせず、明るく振舞うようにしてる。時々、隠しきれずに暗い顔が出ちゃってる時もあるみたいだけど、頑張って明るくしてる。でも母は、私が突然、蒸発したり自殺してしまうのではないかと、いつも心配している。だから、絶対に親より先に死んだらだめだよ!とよく言われる。でも、ごめん、親より長く生きる自信はないよ。

私は、自分の身体のことを考えると、酷く気分が落ち込む。ジェンクリでカウンセリングを重ねても、ホルモン剤で女性的な容姿になっても、なにも変わらなかった。解決法は無いと悟った。そして次第に精神的にしんどい日々が続くようになって、うつになった。パニックまで併発した。3重、4重にも苦痛が重なっていった。もうめちゃくちゃだよ。この先、何の希望があると?

どこかの年老いた女僧が、自殺は授かった命を殺すことで、殺人と同じぐらい悪いことと言った。自殺は絶対にだめ、と常套句みたいに綺麗ごとを言う偽善者には反吐が出る。まして殺人と同じくらい罪などと、仮にも仏の道に入った人間がよく口にするよ。生と死なんて表裏一体。人が自ら死を選ぶことについて、赤の他人がとやかく言うもんじゃない。

さてと。何度も何度も何度も書いたように、今の楽しみは酒と錠剤を放り込むことなんだ。飲酒自体は楽しくないよ。酔ってふわふわするのが気持ちいいんだよ。夜は結構、気分的に楽なんだけどね、でも何もすることがないからブログで吐き出して、そしたら完全にすることがないし、お酒の力を借りたら楽しくなるんだよん。副作用で明日の気分がどうなろうがどーでもいい、これしか楽しみないもん。

広告を非表示にする