読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

性同一性障害+無職ニート

愚痴かいてるだけ

下肢血管エコー検査をした。深部静脈血栓症だった。

末梢血管超音波検査を受けてきた。血栓症です。結果次第では即日入院ではないかとビクビクしていたけど、とりあえず通院で済むみたいだよ。

女性ホルモン剤を服用しているGIDの人とか、もし偶然ここを見ることがあったら、血栓症に関してちょっとは参考になるかもしれないので、ここまでの経緯を軽くまとめておきます。

 

服用しているホルモン剤
プロセキソール錠 0.125mg×3/day
プロクール/プロキュア 50mg×2/day
※上記の薬を約6年服用。今年から服用量を減らした

12日 右足ふくらはぎに僅かに痛みを感じ始める
13日 じっとしていても軽い痛みが一日中続く
15日 痛みが増す
16日 更に痛みが増し、歩くのがつらくなる
   左足に比べて右足ふくらはぎが1.5倍ほどに腫れる
17日 歩行や階段の上り下りが困難に
18日 触るだけで激痛、ふくらはぎにピリッとした痛みが定期的に走る
20日 循環器内科で痛み止めを処方してもらう
21日 動くこと自体がつらくなる


…と、こんな感じ。ただ昨日の夜は腫れがましになって痛みも少し楽になった。今日はさらに楽になってた。何があったのだろう。ここ数日、夜に納豆を食べまくったからかな。

そんなわけで今日のこと。まずは末梢血管超音波検査(下肢血管エコー)。若い女性検査技師さんだった。ズボンを脱いで下さいと言われて下半身は下着一枚にさせられた。

それでですね、プローブをかなり際どい所まで当てられた。つまり“き○たま”と“ち○こ”の付近まで調べられた。

というかプローブがそれらに当たってた。性欲が普通にある男性だったら反応しちゃうんじゃないのかなあ。

下着をち○こギリギリの所まで捲くられたので焦ったよ。下の毛が薄くてよかった、と生まれて初めて思った(ついでにいつも剃ってるし)。濃い人だったら恥ずかしくてたまらないと思う。

さらに、服を胸元まで捲り上げられて調べられた。もうちょっとでぺったんこな胸を見られるところだったよ!下肢だけを調べるんじゃなかったのかい。

とにかく恥ずかしくて仕方なかった。かなり時間が掛かったので、あちこちに血栓があるのだろうなって何となく勘付いてた。

そのあと問診。金曜日に採血した血液検査の結果と、先ほどのエコー検査の結果を知らされる。診断は深部静脈血栓症。ふくらはぎだけではなく、太ももにも血栓ができていた。

血液検査は、Dダイマーという数値が4.7で高いと言われた。この数値が高いと血栓症が疑われる。って疑われるも何も結果は出たけどさ。他の数値は全て正常だった。肝機能も全く問題なかったよ。

血栓の理由はやはりエストラジオールとプロクールだろうって。だから今後、服用はやめたほうがいいと言われちゃったよ。

せめてプロセキソールだけでも駄目ですか?私みたいな人間には死活問題で…。「う~ん、それなら少量で様子を見るかなあ」ホント!?よかった…。

今日から投薬治療を開始して、それで血栓が溶けるか、しばらくは様子を見るって。薬はワーファリン(ワルファリン)が出るのかと思ってた。

もう一生、納豆が食べられなくなるのかと覚悟してたよ。でも違った。「ワーファリンより新しくて効果もより期待できるリクシアナ錠というお薬を出します。食べ合わせも制約が無いので納豆も大丈夫です」。

ネットで血栓症を調べたら、治療中の人たちがワーファリンを出されて納豆が食べられないって書いてあったのに(比較的最近のブログ記事等でもそう書いてあった)、そんな新しい薬が出ていたなんて知らなかった。リクシアナというのは、副作用もワーファリンより少ないんだって。

効果を定期的に確認するため、まずは来週月曜日、血液検査をすることに。

今後ホルモンの数値とか一緒に調べてもらえないかってお願いしちゃったよ。総テストステロンとエストラジオール(E2)を見て欲しいって。保険適応できるかなぁ…って言いながらもOKしてくれました。やったネ。

それから弾性ストッキングを出されて、運動するように言われて、あとは普通に生活して下さいって。入院かもって怯えてたのによかった~。

今回もお会計は保険適応で5000円程度。さらにリクシアナ錠30mgとロキソニンが処方されたので、薬局で2000円の出費。結構高い薬だね。

f:id:anzuyuzu:20170123224057p:plain

家に帰って、プロセキソールを細かく割った。ピル並みの低容量にして1日2回に抑えよう。アンドロキュアージェネリックはもうやめたほうがよさそうだね。せっかく年末に頼んだのに大量に余っちゃった。

さて、明日からまた散歩を再開させようかな。ちょっと足のだるさはあるけど、まず気分的にすごく楽になったよ。

冗談抜きで入院を覚悟してたから。怖くて仕方なかった。でも気は抜けない。一生付き合っていかないといけない病気なのは間違いない。