読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

性同一性障害+無職ニート

愚痴かいてるだけ

性同一性障害なのに化粧・女装を私がやらない理由

- わーにんぐ! -

この記事は、私がうつ病と性別違和の苦しみで病みに病んでいた頃に書いた記事です。本音は化粧をしたくて、女性服を着たくて、でも着る踏ん切りが付かず、嫉妬心から、他の性同一性障害の方を攻撃対象として、ひたすら悪口を書いております。読んで気分を害される方もおられるかと思います。それらを了承の上で、読みたい方はどうぞ。ちなみに書いた本人は、何気に今はレディース服を着たりしてます・・・;

 

 

眠れない、デパス飲んでも眠れないよ。やっぱりお酒と一緒に飲まないと効きが悪いかな。

眠れないと、色々と考えごとをして余計に眠れなくなる。例えば性別違和とか性別違和とか性別違和とか。というかこればかり考えてる。

私は以前、Xジェンダーを自称していた。男性でも女性でもない第三の性、らしい。

自分の性自認を中性として位置付けして、そこに収まることで納得させて、性別違和の悩みを押さえ込もうとした。

気分が落ち込みかけると「自分はXなんだ!Xだぞ!」と言い聞かせた。

男性を演じるより気分は楽になった。中性だからどこか女性的なところがあってもいいよね?

でもやっぱり、うまくはいかなかったよ。結局、答えは同じ。うまくいってたら、今頃は自称Xジェンダーのままでいるもの。

真ん中に収まるって、かえって難しいよ。一気に素に戻りそうになるもの。

性自認は、そうなろうと思ってなれるものじゃないって分かった。だから私はどう抗っても素の女性が抜けないんだよ。

外に出かけている時は男性を演じる。結構しんどい。家に帰ると素に戻る。女性的な仕草がもろに出る。

化粧やレディース服にだって、興味がなかったわけじゃない。QVCでレディース物をいつも憧れの眼差しで見てる。

でも私は男性だよ?好きで男性として生きてるわけじゃない。けど悲しいかな現状男性なんだよ。嫌でも認めざるを得ない。

その私がレディースを着たら、性同一性障害だろうと、一般的には“女装”扱いになってしまう。だからユニセックスで留めてる。

化粧だって自分で色々と揃えたよ。試しにメイクしてみたこともあった。楽しかったけどね。

でもさ、鏡に映っている自分が他人だったとして、似合っていようと無かろうと、この人は男性だって思うと、自分の感覚としては、やっぱりそれはおかしいと思ったんだ。

性自認が女性のくせに、自分を女性と認めず化粧やレディースの服を着るのをおかしいと思うの?

性同一性障害の人って、そういうことをしたくなるものじゃないの?

なんて思われそうだけど、性自認が女性だからこそおかしいと思うのです。

一般の女性に聞いてみなよ。男性が日常でレディース服を着て化粧して、どう思うか。

普通はおかしいと思うに決まってる。私だってそう思うかも。それだけのことだよ。

だから、それらを正当化してる性同一性障害の人とか、ちょっと理解できない、かも。

SRSして戸籍も変更しているとか、SRSをしていなくても、もう完全に女性として生きていたら話は別だけど。

似合う、似合わないじゃない。感覚としてどうなんだって思うんだ。

性同一性障害という理由があっても、やっぱり世間は色眼鏡を通して見てくると思う。私が普通の女性だったとしたら、やっぱりそう見てしまう気がする。

うまく説明できないけど…私の考え方がおかしいのかな。多分少数派だよね。

でも、私はこういう考えです。化粧とかしたい性同一性障害の人を批難してるわけじゃないです。気を悪くした方がいたら本当にごめんなさい。というか見てる人いるのか?;