読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

性同一性障害+無職ニート

愚痴かいてるだけ

性同一性障害と自己女性化愛好症は全然ちがうってば!

胸が大きくなってない?って母に言われてしまった。

服の上からでも完全にふっくらってことだよね。スルピリドの副作用だね、これ。

乳汁は出てないけど、相変わらず胸も痛いもの。止めたほうがいいかな。でもパキシルだけだと、今は不安なんだよ。スルピリドは即効性があるし。

胸の成長に喜びを感じるMTFの人は多いのだろうね。気持ちはとてもよく分かるよ。

私も本当は嬉しかったりする。だって育乳を頑張ってきたから。とはいえ、男として生きていかなきゃならないので、胸が大きくなると困る。

少しでも女性の身体に近付けること自体は嬉しいんだけどネ。その終着点がSRS(性別適合手術)かな。私は否定的だけど。

でも、SRSを受けたい人のことは否定しない。MTFの苦痛を和らげる方法は、現状それしかないと思う。

手術を受けるって、色々と大変だろうけど、それしか方法がないもんね。

私の場合は、苦痛を和らげるより、もう楽になりたいなっていう気持ちのほうが大きいんだよねー。

自己女性化愛好症の人たちは、こういう苦痛がなさそうでいいね。

悩むことなく普通に少年時代を過ごして、途中で女装や化粧に目覚めて、自分は性同一性障害だと主張して、SRSを受けて、どんな外見だろうと堂々とふんぞり返って生きてる。凄い。

勘違いしないで欲しいけど褒めてないよ。卑下してるんだよ。

10年ほど前、性同一性障害を自称する中年男性たちのブログやHPが結構あった。若い人のサイトは見かけなかった。

みんな堂々と自分の画像を載せていた。体型は完全に中年男性で、殆どの人は脱毛だけきちんとしてあった。

そして、女性用下着やニーソ、スカートなどを着用した写真をよく載せていた。当然似合ってなかったよ。

でも本人たちは、自分は性同一性障害だからこういうことをするのは普通です、みたいな言い方をして正当化していた。

この人たちの殆どは結婚して子供がいる、とプロフに書いてあった。

性同一性障害なのに、女と恋愛して結婚してセックスして子供を作ってる。ちょっと考えられないのですが。

性別違和で悩んで苦しんで、性同一性障害を検索したら、こういう人たちのブログやHPがやたら出てきたんだよ。凄いショックだった。私はこんな人たちと同じなの?って。

でも、この人たちは恐らく性同一性障害の診断は出ていない。クリニックで受診すらしてなさそう。自称しているだけだと思う。

ジェンダークリニックで診断するのを拒否されたらしい人もいて、ブログでジェンクリを名指しで批判していた。拒否されて当たり前だよ。

昨日書いた、コナミスポーツを訴えた性転換済みの中年男性だって、この人たちと同じ自己女性化愛好症だろうさ。

当時の朝日新聞記事に詳細が載っていた。

高校生の頃に女性と恋愛して、大学生の頃にその女性と結婚して、卒業後に子供を二人儲けてる。

幼少期から性別違和で悩んでいるという記述はなかった。

39歳のときに長男が死んで、そのときに「自分は女性になりたい」と思ったという。

ふざけてる。どこが性同一性障害なのか。子供の死をダシに同情を誘って、女性化趣味を正当化しただけじゃない。

でもマスコミは、性的マイノリティだから理解してあげるべき、という気持ち悪い論調が多かった。

この人しかり、自己女性化愛好症と思われる人たちって、人生が充実してる人が多いね。

そして堂々と表に出てくる。容姿がどうだろうと周囲の目がどうだろうとお構いなし。

差別という言葉を振りかざすのも、殆どこの人たち。静かに暮らしたい“本当の”性同一性障害の人たちと全く違う。

性同一性障害と自己女性化愛好症を、同列で語ったり、区別が付かないとか言うのはやめて欲しい。

あの人ら、性別違和で苦しんでないし悩んでないもの。はぁ、眠れないから思ってることいっぱい書いちゃったよ。気分悪くされた方がいたらごめんなさい。