読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

性同一性障害+無職ニート

愚痴書いてるだけ

女性ホルモン剤というお菓子をただ毎日美味しく食べているだけ

性別違和 女性ホルモン剤

「もうこんな身体いらない」と言ってチェーンソーの電源を入れる。そして自分の首の辺りに刃を向けて切る…というところで目が覚めた。こんな怖い夢初めてだ、しばらく震えた。。

最高の目覚めに素敵な気だるさ。そして朝一番まずは胃にプロセキソールアンドロキュアージェネリック。最初はジェンダークリニックで処方してもらっていたプレマリンだけだったが、行かなくなってからはリノラルとシテロンのガバ飲みになった。恋人が出来てからは身体を少しは大事にしようと考えを改めて、少量のリノラルだけになった。

今はプロセキソールを半分に割ったやつとアンドロジェネ50mgを朝昼晩飲んでいる。つまりエチニルエストラジオールを1日に0.75mg飲んでる。飲みすぎとかどうでもいい。目的もない。飲みたいから飲む。私にしてみたらラムネ菓子みたいなもんだ。肝臓が活動を停止したいと言えば、私も一緒に全てを停止すりゃいいだけ。

親は血液検査に行けと言うが行くつもりなんて毛頭ない。病院自体どうでもいい。さっさと人生を終えたいと思ってる人間が病院に行ってどうするんだよ。長くても30代まで生きたらもう十分。それですら苦行だ。

だから副作用がどうだろうと気にしない。動機息切れ、めまい立ちくらみ。言葉では表現できない極度の冷え性。おまけに気が狂いそうな精神状態。体調がいい日なんて殆どありはしない。その体調不良が心地いい。ついでに明日が来なけりゃもっといい。

広告を非表示にする