読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

性同一性障害+無職ニート

愚痴書いてるだけ

私がオネェタレントたちを憎むようになった理由

性別違和

私は小中高と学生だった12年間、いじめを経験してきた。見た目、言動、全てが男らしくなかったことが主な理由だったと思う。大体決まって、男オンナと呼ばれたり、オカマと呼ばれたりしていた。

小中の頃は、服を脱がされて身体を触られたり(一番屈辱だったのは「お医者さんごっこ」なる遊び)、要はどこか性的な感じのいじめをされていた。男子は本当に馬鹿で煩悩しかないのではないかと思える。中性的な私を女に見立ててエロいことをしたかったのか。素直に女子を触ればいいのに。でも、先生や親には言えなかった。恥ずかしくて言える訳ない。。

高校は、オカマ、ホモとか言われただけだった。髪を伸ばして仕草がちょっと女っぽかったかも知れないけど、あと体力測定が女子平均以下だったり、エロ話に興味がなくてオナニーの意味を知らない(本当に知らなかった;)だけでオカマ扱いとか。この頃になると登校拒否気味になった。

そして小中高で共通していたのは、必ずオネェタレントと言われる人たちの名を出されて、それらと同類のオカマ野郎だと馬鹿にされたこと。これは何もいじめに限ったことではない。

両親に、性別違和の悩みを告白した時、父親に「テレビのオカマタレントみたいになりたいのか?」と言われ、凄くショックを受けたことがある。でも、性同一性障害を含む性別違和の悩みを持つ人への世間一般の認識なんて、実際はそんなものなのかもしれないね。

いつ頃からか私は、テレビに出ているオネェ系タレントと呼ばれる人たちが憎くなった。この人たちのお陰で、私はどれだけ学校で屈辱的な言葉を浴びせられてきたのだろうか。オネェタレントたちは、どう見ても性別違和で悩んでなんかいない。女になりたいと言って、似合いもしない女装をして悦に浸っているだけの自己女性化愛好症だよ。

性同一性障害の診断を受けたことを嬉しそうに語っていたタレントもいたけど、診断なんて簡単に出してもらえる(経験済み)。だから診断自体に全く意義を見出せなかった。そういうことも含めて何も希望が見出せなくて治療を止めたんだ。

後にそのタレントがSRS(性別適合手術)を受けて「女になりました」と喜んでいたけど、どう大目に見てあげても女になってない。前より少し見た目が改善されただけだよ。しかもそれはSRSの成果ではなく別途、整形手術と化粧をしたからだと思う(良い悪いは別として明らかに以前と変わってたぞ)。どう生きようと本人の自由ではあるけど静かにひっそりと暮らして欲しい。テレビに出て性同一性障害の第一人者みたいに紹介されて得意げに語っていたけど、見てたら腹が立ってきた。あんなの他のGIDが誤解を受けるよ。自分とは全く関係の無い所で悪影響があったりすることを自覚すべきだ。

ジェンダークリニックの専門医が、オネェタレントの影響で、性別違和で心から真剣に悩んでいる子供たちがいじめや差別の対象になっていると訴えている記事があった。こういうことをテレビはもっと報じていくべきだよ。LGBTを差別から法的に守ろうとか心にも思っていない偽善ぶった議論なんかどうだっていいよ。

テレビ番組は、オネェタレントたちを性的マイノリティだと言ってひたすら擁護するけども、あの“触らぬ神に祟りなし”的な、気持ち悪いまでのLGBT擁護で、オネェタレントたちは勘違いしている人が多すぎる。本当の意味で性的マイノリティと呼ばれる人の多くは、きっと静かに暮らしていると思うし、それを望んでいると思う。オネェタレントに代表される自己女性化愛好症などの勘違いさんほど、声を大にして表に出てくるイメージだ。

広告を非表示にする