読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

性同一性障害+無職ニート

愚痴かいてるだけ

両親、友達、私はみんなに理解され支えられている幸せ者

少し前まで、私は頻繁に精神的に不安定になり、両親を悩ませていた。一因には、心の奥底にある「悩みや苦しみを理解して欲しい」という気持ちと、理解してくれないことへの不満などがあったからだと思う。自分勝手だけど。

両親は、私が不安定になると、よく「精神科に行こう」と言った。私はただ話を聞いて欲しいだけだった。でも母は、聞いてもよく理解できないと言っていた。

分からないものを無理強いしても仕方がないと思い、自分の気持ちを心の奥底に抑え込んだ。それで自分を納得させていたけど、時としてどうしても感情が抑えられなくなり、不安定になっていた。

先月、母が、ネットの性同一性障害に関する記事を熱心に読んでいた。その記事のおかげで、全てではないけど理解出来るようになったと言っていた。それからは、母は私の話を色々と聞いてくれるようになった。

身近な存在である母に話を聞いてもらえるようになって、とても救われた気持ちになった。ジェンダークリニックの専門医なり精神科医に聞いてもらうのも、それはそれでいい事だけど、親や友達に話を聞いてもらえるほうが、気分的にとても楽になるんだよね~。身近な存在に理解してもらえるのって、やっぱり違うなって思った。

私は恵まれている部分もあるんだよね。友達もとても理解してくれているし、私を女性として扱ってくれて、話をいつも聞いてくれる。だから本当に感謝しているんだよ。

父はこういう問題には直接は関わってこないけど、母の話を聞いていると、少しずつ、少しずつ、理解しようとしてくれているのが分かるんだ。

私も直接ではないけど、晩御飯を作る時、父の好きな料理をそれとなく作ったりして、間接的に感謝の気持ちを表したりしているよ。

まだ不安定になる事はあるけど、その都度、母が真剣に話を聞いてくれる。理解しようとしてくれる。

以前よりも不安定の度合いが軽くなってきている気がするし、立ち直りも早くなった。精神科で処方してもらう薬に頼るよりも、このほうがとても気持ちが楽になるよ。

それだからかな、以前、頭の中を支配していた超ネガティブな言葉が、あまり浮かんでこなくなった。まだ前向きではないけど、少しずつ前向きになろうとしているのが、自分でも分かる。

今日、ハートネットTVを見ていたら、フィンランド西ラップランドの精神医療のことをやっていた。

投薬、入院を極力行わず、患者と医師たちが対等な立場で対話を重ねて互いに理解し合うという、独自の治療を行っているという。

治療には、医師だけではなく、スタッフ、患者の家族、友達、学校の先生なども参加する。患者にとっての身近な存在と言える人たちと理解を深めて解決していくのだという。

投薬がメインだった頃は患者が増える一方だったのに、この方法だと7割以上が社会復帰したんだって。

見ていて、なんか凄く分かるなーって思った。今の私がそうだから。精神科に掛かることも、決して悪いことだとは思わないよ。

でも“お医者さんに話を聞いてもらう”という、決して対等とは言えない関係の中で、私は心を開くことなく、適当に悩みを話して薬を出してもらっているだけだった。

だけど親や友達だと、気持ちの全てを開放して、安心して悩みを話せるんだよね。そういう存在と悩み事を共有できること。これって本当に大切だと思うよ。

日本の精神医療の大半は投薬ありきだからね。医者なんて、どうせ話しても右から左へ抜けて行ってるよ。仕事だもん。

性同一性障害の人で、両親に理解されず、誰にも悩みを話せずにひとり抱え込んでいる人って、本当に苦しくて仕方がないと思うんだよね。

性同一性障害の人の自殺率が、国を問わずに高い傾向にあるのは、容姿の問題だけではなく、ひとりで悩みを抱え込んで病んでしまったり、そういう背景があるのではないかな。

ジェンダークリニックや精神科が、そういう人たちにとって救いの場となっているのかな。そうだといいんだけどね。・・・ああそうか、だからLGBTの集まりに参加して、救われている人もいるんだよね。。

この前はちょっと酷いことを書いてしまったのかもしれない。気を悪くしてしまった人がいたのなら、ごめんなさい。。。

広告を非表示にする

次の世代が前向きに生きられる社会にするには、レインボーは不要だと思うよ

私が通っていた中学の現国の授業には、スピーチの時間があった。教壇に立ち、好きなテーマを決めて自由に数分間スピーチをするという物だった。

私は、普通の人生を歩まない、みたいなテーマだったかな。もう記憶から消えかけているけど、多数派の考え方に染まらず、多数派の意見に飲み込まれず、自分の気持ちを貫いて、自分らしく生きていきたい。それが普通とはいえない人生であっても、考えを変えない、こんな感じだったかな。

オブラートに包んだような内容のスピーチをしたのだけど、要するに普通の人生を歩めないかもしれないと言いたかった。

ネットで調べて、性同一性障害性別適合手術のことを知っていたので、近い将来、そういう生き方をすることになるのかもしれないと言いたかった。

自分が持つ悩みは、世間には理解されておらず、差別や偏見を受けるかもしれないけど、自分はこうするしか生きる道がないと言いたかった。

先生は、素晴らしい!こういうのがスピーチだ、とえらく褒めてくれた。違うよ先生、単に私は性同一性障害かもしれないと言いたかったんだよ。なんて言えない。

SRSについては情報を得るにつれ考え方が変わって行って、選択肢から外したけど、それ以外は、概ねその通りの結果となった。おまけにニートだよ、まさに普通じゃないぜー!


今は、性同一性障害の認知度が高まりつつあり、比較的寛容な社会になった気がする。

一方で認知度が高まった結果、批判や否定的な意見をよく目にするようになった。まだまだ、人前で悩みを吐露したりカムアウトするのは難しいよねー。

少しずつ、世の中の考え方が変化してくれたらいいなって思う。性別の違和で悩む小さな子は少なからずいる。

その子たちが大きくなる頃には、今よりずっと開かれた世の中になっていたらいいネ。

レインボーの力によるものではなく、一般の人たちが、少しずつ考え方を変えていってくれて、自然と私みたいな存在を受け入れてくれるようになって、初めて変わったと言えると思うよ。動物愛護の精神が浸透するのに、時間を要したのと同じことだよね。

私がレインボーを良く思わないのは、世間一般に悪しき印象を植え付ける危険性を感じるから。かえって、一般の人との間に溝を作ってしまっている気がするよ。

もうすぐ、あの気持ち悪いパレードをまたやるのかなぁ。逆効果だと何で分からないのだろう。それとも、私が少数派なのかなぁ。

まあ、こんな弱小ブログで書いても何も変わらないね。でもね、次の世代への悪影響を考えて欲しい。自分たちは愚かな事をしていると気付いて欲しいな。

ん~咳や喉の痛みはなくなったけど吐き気が相変わらず。しんどいよー。デパス、ではなく改源の顆粒ばかり飲んでます。これがめちゃまずい・・・。

広告を非表示にする

トランスが完了したジェンダーさんは正直、生きづらい

両親がホームセンターで花の苗を買って来て、庭に植えていたので、私も一緒に外に出ていた。近所の若いお母さんと男の子が家の前を通ったので、挨拶をしたのですよ。

そしたら男の子が「おじさんこんにちはー!おばさんこんにちはー!お姉ちゃんこんにちわー!」と元気に言ってきた。

え、お姉ちゃん?私に言ったのかな?ちなみに、お母さんのほうも、越してきて間がない頃、私を見て女性と間違えたらしい(母情報)。

まあ髪を短くしていると言ってもサラリーマンみたいな短さではなくて、ボーイッシュな女性みたいな髪型にしているし、家にいるから服は女性物を着ていたし、間違えられやすかったかな。家にいる時は完全に女性モードだからね。

何にしても、小さな子であっても女性に見られるのは嬉しいものだネ。ほぼ完全にトランスしているから当たり前なのかもしれないけど、やっぱり嬉しいです、はい。

でも、ふと思ったのだけど、私って近所の人からどう思われているのだろう。だって、実は性同一障害でーす!なんて誰にも言ってないよ。

それに、私が女性に間違えられても、母が「息子」って言ってきたから、近所の人たちには男性と認識されているのは間違いない。

てことは、下手すると「○○さんの所の息子さんって、もしかしてあれじゃない?性同一障害」とか、最悪LGBTの一種とか思われていたりしないだろうか。うう、なんか嫌だ。。

それに、私と歳が近い人もすぐ近所にいるんだよ。1歳年下の男性なんだけど。その人もいい歳して実家住まいだ、あははー。

・・・じゃなくて、私がホルモン剤を服用する前の姿をよく知っている。時々、家の近くで遭遇して挨拶してたもん。もろに女性みたいな容姿に変化した私を、どう思っているのだろう。

何だろなー面倒臭い状態で生まれてしまった。性別で悩むだけではなく、こういう問題でも悩むことになるとか。

普通に生まれたかったよ。別に男性でもいいから、それならしっかりと男の心を持って生まれたかったなー。


ところで、こんなの見つけて、読んでいてちょっと驚いたのだけど。。

news.livedoor.com

ゲイの人って女性ホルモン剤を服用するの?今まで知らなかったけど、まじですか。ゲイの人のイメージって、フレディ・マーキュリーとかロブ・ハルフォードみたいな男らしい感じって勝手に思ってた。

あれ?というかゲイの人って、性自認は男性で、恋愛対象も男性なんだよね?だからホルモン剤と無縁かと思ってた。んん?なんかよく分からんぞ。

それに、ホルモン剤を服用して下のモノが役に立たなくならないのかな。私の場合だけど、抗男性ホルモン剤を服用する以前の、プレマリンだけを処方されていた時でも、性欲が消えてへなへな状態だったけど。

その、男性の象徴というか、ち○こが役に立たなくなったら困るんじゃないのかなあって。えっちの時とか。だって性自認が男性なんだし。

まあ何でもいいや。おやすみなさい。

広告を非表示にする

性欲ってどんなものだったか忘れた。。

あーあ、やっちゃった。何かもう不安定過ぎて訳がわからない。朝から気分が重くて起きられなくて、起きたら起きたで気遣ってくれた母を責め立ててしまった。感情がコントロール出来なかった。

それでも、酷いことを言ったのに、母は怒らずに私が落ち着くまで待ってくれた。「うつ病のことも色んな悩み事も一緒に解決していこう」と言ってくれた。

最近、不安な気持ちに包まれることが多いんです。どうしたらいいのか自分でもよく分からない。色んなことが脳裏を過ぎって、不安な気持ちになってしまう。

時間が経って夕方になったら、気分もだいぶ良くなってきた。母には謝りました。「悩み事があったらいつでも言ってくれたらいいからね」って、母よ本当にごめん。

でもなんというか、友達にも言えないような恥ずかしいことを、母と話したりしてしまってるよなぁ。例えば性犯罪事件のニュースを見て「犯人には抗男性ホルモン剤を一生飲ませたらいいんだよ。だって私なんか何年間もち○こ無反応だよ、もうずっと性欲ないし」とかさ;

嘘じゃないんだよ?最初の頃に書いた記事で、2年以上自慰行為をしてないと書いたような気がするけど、実は自慰行為なんてそれ以上ずーっとしてないもん。

1人目の恋人とえっちして以来、4年間何もしてない。シテロン&アンドロキュアーってそれくらい強力だよ。本気で性犯罪者に飲ませたらいいんだよ。

だからね、性欲の無い私が男性に抱かれてみたいなって言うのは、単にしたいとかそういう事ではなく、純粋に愛されてみたいという気持ちが強いのです。

って恥ずかしくなってきた。さすがに母にすら言えない。あ、考えたら性欲だけでは無くて食欲も失ってた。人間として死んでるね。

さてさて、これから父と話があるのです。何か頼まれて欲しいとのこと。そんなことを父が言ってくるなんていつ以来だろう。ホント最近、色々と変わった。

広告を非表示にする

親にカミングアウトをすることより、してからのほうが大変

f:id:anzuyuzu:20170405221333p:plain

庭のミモザを切って飾りました。黄色のお花は華やかさがあっていいネ。春は色とりどりの花々が咲き乱れて、花粉や黄砂にPM2.5も舞って最高だね~;

今日は比較的安定していてネットをしていたのです。同性愛者や性同一性障害の人の意見を、アンケート形式募集しているサイトがあって、家族にカミングアウトをしたか否か、その後の家族との関係等の回答が公表されていた。

性同一性障害の人の回答しか興味が無かったので他は見ていないけど、カミングアウトの時のことを読んでいて、色々と興味深かったですよ。色々と検索してしまった。

私の場合は、カムアウト前に自殺未遂を起こしてしまっていたので、両親は私が何か悩んでいることは既に知っていた。だから比較的、言いやすい状況になっていたんだよね。

何にしても一世一代の大告白だからね、何を言えばいいのかも分からないし難しいよ。でも私は緊張はあったけど結構開き直っていたかも。これで少しは楽になれるかもってね。

話があります、と両親を呼んで、男性として生きてきたけど本当はずっと苦しかった。小さな頃からずっと、自分の身体と性別に納得がいきませんでした。自分の身体は大嫌いです。どれだけ考え方を変えようとしても無理でした。可能なら、私は女性として生きて行きたいです。もう男性として生きることは苦しいです、本当にごめんなさい。

みたいな事を言ったような。そしたら父に「なんだ、テレビのオカマタレントみたいになりたいのか?」「おまえ男が好きなのか」って言われて、ショックで少し涙が出ちゃったよ。でも実は父もショックだったのかもね。

それで、もう何も言えなくなってうつむいていたら、母が「身体と心の性が一致してない病気なのでしょ、前にもテレビでやってたわよ」と話し始めて、あれやこれやと、理解不足の父に説教を交えて説明しておりました。

なんか、そんな感じで有耶無耶なままで終わって、部屋でぐたーってしていたら母が来て「お父さんが何と言おうと、あんずの生きたい様に生きたらいいから。女の人になりたいのだったら、そうしたらいいじゃない。私は賛成だからね」と言ってくれて、何だか救われた気がしましたよ。

それに、前々から、私がどこか普通の男の子とは違うと感じていたらしい。元々中性的だったから違和感もないし、娘がひとり増えただけみたいな感じだと。だから、私のカミングアウトを聞いても別に驚きはしなかったと言っていた。

それ以降、母は私を女性扱いするようになった。欲しかったシルバニアファミリードールハウスを買ってくれた。私も抑えていた物を一気に開放したように、家では女性モードで過ごすようになった。

問題は父で、一気に溝が出来たような感じだった。元々、私は母にべったりで父とはあまり会話が無かったのに、余計に会話がなくなって、どちらともなく距離を置き始めた。

それと、母は母で、私の苦しみを100%理解している訳ではなかったので、所々で認識の違いなどで、私のほうが感情的に当たることもあった。

あの頃の私は、自分の考えを理解してもらおうと必死だった。言い換えれば無理やり考えを押し付けようとしていた。エゴの塊みたいな人間だった。

結果、一時は衝突が多くなり、仲が冷えたことがあった。せっかく母なりに理解してくれていたのに、今思えば、私は本当に最低だったよ。次第に、自分が間違っていたことに気付いたけどね。

そんな母が、性同一性障害のことを正しく理解してくれたのは、つい最近のことなんだ。父はどうなのかよく分からない(性別違和について話はしない)。

でも最近は、血栓症のことがあるからなのか態度が軟化して、少しずつ距離を縮めてる。

こうなるまでに、カミングアウトから8年近くを要した訳です。人の意識は急には変われない。最初は理解してもらえず、いがみ合うことだってあるかもしれない。

告白される側の親だって、いきなりは受け入れられない事もある。でも時の流れが、ゆっくり、ゆっくりと解決してくれますよ。

まあでも今となっては性同一性障害とかどーでもいいや。どうしようも無いもん。ああそうだ、近況報告。足は今のところ無問題です。クスリホルモン剤おいしいです!ねまーす。

広告を非表示にする

このブログも5ヶ月目になるんだね

な、なんと。ニックネームという欄を見つけて、自分の名前をつけられるとさっき知った。丸4ヶ月やってて初めて知ったよ。あー恥ずかし。

「あんず」という名前は、以前に書いた偽名というか通称名というのか、通販やオークションで実際に使っていた名前なのです。ね、可愛い名前でしょ。

そういえばブログ始めて4ヶ月経ったんだ、早いなぁ。始めた頃は精神的に病みまくって、支離滅裂な文章のオンパレードだった気がする。

どうだ、ホルモン剤をがばがば飲んでやったぜー、どうにでもなれ肝臓なんか死んじゃえ!と馬鹿な事を書いていたら、1ヵ月後に血栓症になって洒落にならない状態になっていた。

でも、血栓症になってから、私は考え方が少しずつ変わっていった気がする。それと、両親が親身になってくれたおかげで、親という存在の大切さを再認識できた。

それまでどこか距離があった母との関係は、今はすこぶる良好だし、かつての米露並みに冷え切っていた父との関係も、少しずつ修復されている感じがする。

病気というのは、ならないに越した事はないのだけど、いざなってしまった時、冷え切っていた家族関係をまとめるきっかけになるのかも、と思った。まあうちの場合は、だけどもね。

そうそう、母とお茶(=ルイボスです)しながら、私の子供の頃の話をしていたのです。その時にふと忘れかけていた“ある事”を思い出した。私って子供の頃に、自分で自分の身体を傷つけていたなーって。

確か小1か小2の頃だったんだけど、自分の部屋で、親にばれないように、鉛筆や定規の角で皮膚を引っかいて傷つけていた。お腹など見えない箇所に限定してやっていた。

これが性別違和と関係しているのかどうか、さっぱり分かんない。当時から悩んでいたけどね。姉の友達がよく遊びに来て、私も一緒に遊んでもらって、一緒にお風呂にも入ったけど、自分だけ変なものついてる、とか。

でも、それが原因で自傷行為をやってたのか、いまいち思い出せないんだよねー。何でそんなことをやったのだろうって、ちょっと不思議に思ってるんです。

親の愛情が足らなかったりすると、子供がそういう反応を示す場合があるみたいだけど、私は母にたくさん甘えさせてもらってきたしなぁ。考えられるのは、いじめのストレスとか?

まー何でもいいや。今日サラシを注文しました。そろそろ薄着のシーズンでしょ。バイトするにも胸が目立ちすぎるから。女性としては貧乳ですけど!男性としては、そりゃおかしいと言われるくらいに育っちゃったからね。

私だって他のMTFさん同様に、ついつい育乳しちゃった時期があったんだい!プレマリンクリームを塗って、それの入手が難しくなってきたらオエストロジェルも買っちゃいましたよ。後者はアルコール臭がきついし、ヒンヤリしすぎて苦手だった。

うーん何か今日は文章がまとめられない。いつもだけど。やっぱデパス+パキシル+リフレックスを早々と飲むと頭がぼわーんとしてくるよ。ぼーっとしていたい気分。さいなら。

広告を非表示にする

うちはお金持ちじゃないから くら寿司で十分楽しめるんです

今日も気分が↓↓↓で起き上がれず。病院の予約時間を過ぎても死んでた。でも行かないと薬が無い!気力を振り絞ってダッシュ!家から10分もかからない距離なのが助かる。

まずは血液検査。いつもはスピッツ5~6本採られるのに今日は1本だけ。そして血圧測定。上110、下54。

え?低くない?もう一度測っても似たような数字。最近やけにクラクラして倒れそうになるのは低血圧のせい?

問診で血液検査表を渡される。9項目ほど検査されたようだ。数値は至って正常らしい。1ヵ月後にエコーと、再度細かく血液検査をすると言われる。

血圧が低いのが引っかかったみたいで、出血が無いか聞かれたけど心当たりが無い。

血栓症の薬は血をサラサラにする代わりに、副作用として鼻血など出血しやすくなる場合がある。その他の可能性として、SSRIなどの抗うつ剤が原因の可能性もあると言われた。

うむ、知ってた。うーん、心療内科で血圧を測った時は正常だったんだけどね。

でも他は何事もなくて良かった。とりあえず血液検査も問題なくてよかった。というか、エチニル+プレモン+アンドロキュアー+クリマラやってます、なんて言ったら先生に怒られそうだね。

そして無くてはならないリクシアナ錠ちゃん!調剤薬局でたくさん処方されました。でも会計がめちゃ怖いのですが。名前を呼ばれて、、、──!

f:id:anzuyuzu:20170403212726p:plain

Oh...た、高い。。ちょっとだけ別の薬も混じってるけど、やはりリクシアナ自体が高い。プロセキソールが買えそうな値段とか。。

家に帰って「母様、これをご覧下さい。貧しい私を助けてくださいまし」と言ったら、諭吉様を下さった。やったラッキー!っていい歳した人間が、ちょっと虚しい。

と馬鹿みたいに書いておりますが、正直言って精神的にはかなりぐらついております。木の芽時だからなのか、単にいつもの波なのか、何なのかさっぱり分からないけど、1日の中でも波があって、アップダウンが激しい状態。

なるべく笑顔でいたほうがいいと思って、それが出来たと思ったら、数十分後にはもうどんよりとか何これ。

それでも笑うほうがいいだよね。無理してでも笑顔でいたほうがいいんだよね?笑顔でいれば、つらくても良かったと思えるかも!よかった、よかった。そうだ、ポリアンナ症候群になればきっと幸せ。

夕方、父が「今日の晩はみんなで寿司食べに行こう」と電話してきた。父が帰ってきて車を出し、行く先は、、、くら寿司

子供だらけでうるさい。そして寿司屋でうどんとチョコバナナパフェとカフェラテを注文する26歳。そうそう、最近味覚が戻った感じします。まだ鈍ってるけど。

安い回転寿司だけど、こういう場所って何だか家族の距離がちょっと縮まる気がするね。久しぶりに父と会話して笑った気がするよ。こういうのは高そうなカウンターの店では無理っぽい。中流家庭でよかった!なんちゃって。

でもホント、高級店で静かに固い会話を交わすより、家族でわいわい出来るほうが楽しいなって思ったよ。私が笑顔でいると、両親も何となく喜んでくれているように見えるんだよ。少しずつ、距離が縮まるといいな。

広告を非表示にする