読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

性同一性障害+無職ニート

愚痴書いてるだけ

両親、友達、私はみんなに理解され支えられている幸せ者

性別違和 性同一性障害

少し前まで、私は頻繁に精神的に不安定になり、両親を悩ませていた。一因には、心の奥底にある「悩みや苦しみを理解して欲しい」という気持ちと、理解してくれないことへの不満などがあったからだと思う。自分勝手だけど。

両親は、私が不安定になると、よく「精神科に行こう」と言った。私はただ話を聞いて欲しいだけだった。でも母は、聞いてもよく理解できないと言っていた。

分からないものを無理強いしても仕方がないと思い、自分の気持ちを心の奥底に抑え込んだ。それで自分を納得させていたけど、時としてどうしても感情が抑えられなくなり、不安定になっていた。

先月、母が、ネットの性同一性障害に関する記事を熱心に読んでいた。その記事のおかげで、全てではないけど理解出来るようになったと言っていた。それからは、母は私の話を色々と聞いてくれるようになった。

身近な存在である母に話を聞いてもらえるようになって、とても救われた気持ちになった。ジェンダークリニックの専門医なり精神科医に聞いてもらうのも、それはそれでいい事だけど、親や友達に話を聞いてもらえるほうが、気分的にとても楽になるんだよね~。身近な存在に理解してもらえるのって、やっぱり違うなって思った。

私は恵まれている部分もあるんだよね。友達もとても理解してくれているし、私を女性として扱ってくれて、話をいつも聞いてくれる。だから本当に感謝しているんだよ。

父はこういう問題には直接は関わってこないけど、母の話を聞いていると、少しずつ、少しずつ、理解しようとしてくれているのが分かるんだ。私も直接ではないけど、晩御飯を作る時、父の好きな料理をそれとなく作ったりして、間接的に感謝の気持ちを表したりしているよ。

まだ不安定になる事はあるけど、その都度、母が真剣に話を聞いてくれる。理解しようとしてくれる。以前よりも不安定の度合いが軽くなってきている気がするし、立ち直りも早くなった。精神科で処方してもらう薬に頼るよりも、このほうがとても気持ちが楽になるよ。

それだからかな、以前、頭の中を支配していた超ネガティブな言葉が、あまり浮かんでこなくなった。まだ前向きではないけど、少しずつ前向きになろうとしているのが、自分でも分かる。

今日、ハートネットTVを見ていたら、フィンランド西ラップランドの精神医療のことをやっていた。投薬、入院を極力行わず、患者と医師たちが対等な立場で対話を重ねて互いに理解し合うという、独自の治療を行っているという。

治療には、医師だけではなく、スタッフ、患者の家族、友達、学校の先生なども参加する。患者にとっての身近な存在と言える人たちと理解を深めて解決していくのだという。投薬がメインだった頃は患者が増える一方だったのに、この方法だと7割以上が社会復帰したんだって。

見ていて、なんか凄く分かるなーって思った。今の私がそうだから。精神科に掛かることも、決して悪いことだとは思わないよ。でも“お医者さんに話を聞いてもらう”という、決して対等とは言えない関係の中で、私は心を開くことなく、適当に悩みを話して薬を出してもらっているだけだった。

だけど親や友達だと、気持ちの全てを開放して、安心して悩みを話せるんだよね。そういう存在と悩み事を共有できること。これって本当に大切だと思うよ。日本の精神医療の大半は投薬ありきだからね。医者なんて、どうせ話しても右から左へ抜けて行ってるよ。仕事だもん。

性同一性障害の人で、両親に理解されず、誰にも悩みを話せずにひとり抱え込んでいる人って、本当に苦しくて仕方がないと思うんだよね。性同一性障害の人の自殺率が、国を問わずに高い傾向にあるのは、容姿の問題だけではなく、ひとりで悩みを抱え込んで病んでしまったり、そういう背景があるのではないかな。

ジェンダークリニックや精神科が、そういう人たちにとって救いの場となっているのかな。そうだといいんだけどね。・・・ああそうか、だからLGBTの集まりに参加して、救われている人もいるんだよね。。

この前はちょっと酷いことを書いてしまったのかもしれない。気を悪くしてしまった人がいたのなら、ごめんなさい。。。

広告を非表示にする

親よりも子供が先に死ぬことは、親不孝とは言うけども

性別違和

風邪が治らない~。ついでに気分が落ちた。空が暗くて余計に陰々鬱々。雨や曇り空は大嫌い。早く夏にならないかな。夏の抜けるような青空大好き。

この前、感情が不安定になって母に当たってしまった時、母が色々と励ましてくれて、そして「死のうとか考えたら駄目よ」と言われた。

死ぬとか言ってないのに。一時はそんな気持ちに支配されていたのかもしれない。でも最近は無くなったよ。

その後に続けて母が「あんずがいなくなったら、お父さんとふたりだけじゃ暮らすの無理だよ。あんずが間にいてくれるからやって行けてるんだからね。だから私より先に死ぬなんて絶対許さないわよ」と脅され言われました。

ってあんたたち夫婦じゃないのか。。ただ、父と母は確かにあらゆる面で水と油かも。私が子供の頃から、よく夫婦喧嘩してたもんなぁ。父は良くも悪くも無神経で裏表がない。母は繊細。父は、悪気は無いけどズケズケと物を言って母を傷つけたり怒らせる。

面白いのは、私と姉は、そのままそっくり親の性格を受け継いだこと。私は見た目、性格とも完全に母そっくり。逆に姉は全てが父にそっくり。女らしい性格と男らしい性格。なんか生まれ間違えた姉弟って感じ。

姉は、子供の頃から活発で外で遊ぶのが好きだった。勉強も得意で進学校に進んだし、男女問わずに友達が多くて、そして強いリーダーシップを持っていた。とっても立派なお仕事に就いて、時間が取れたら急にひとりで海外へ旅行に行ったりする。休日でもじっとしていられない程に活発。

だから私と姉は、父と母みたいなもので水と油。昔から、私がぐずぐずメソメソしていると、姉に「男の癖にくずくずしてんなよ!」と怒られた。よく考えたら私は、学校でも家でも「男らしくしろ」と言われていた;

母と姉も性格的に合わない。ふたりは、よく衝突していた。時々、私に「もっと女の子らしい性格にならないかしらね!」と愚痴っていた。そして「あんずが女の子だったらよかったのに。あんたたち完全に生まれ間違えたわね」と言っていた。

こんな感じだからね。いくら私の出来が悪くても、母がどうしても私を贔屓にしてしまうのは、まあ分からなくもないんだよ。私がパートナーを見つけてくれたら安心だとは言うけど、本音は、ずっと家にいて欲しいと思っているのも分かってる。子供だから分かってしまう。私が、家で女性として過ごすようになってからは特に。

う~む、こういう親子関係はいいのかなー。まあ今は取りあえずこのままでいいか。先のことは知らない。今を生きろ!ロビン・ウイリアムズ主演の映画でそんなのあったよね。あれは「今を生きる」かな。今日も風邪、明日はどーかな。少しは楽になりたい。。。改源まずい。。

広告を非表示にする

次の世代が前向きに生きられる社会にするには、レインボーは不要だと思うよ

性別違和 性同一性障害

私が通っていた中学の現国の授業には、スピーチの時間があった。教壇に立ち、好きなテーマを決めて自由に数分間スピーチをするという物だった。

私は、普通の人生を歩まない、みたいなテーマだったかな。もう記憶から消えかけているけど、多数派の考え方に染まらず、多数派の意見に飲み込まれず、自分の気持ちを貫いて、自分らしく生きていきたい。それが普通とはいえない人生であっても、考えを変えない、こんな感じだったかな。

オブラートに包んだような内容のスピーチをしたのだけど、要するに普通の人生を歩めないかもしれないと言いたかった。ネットで調べて、性同一性障害性別適合手術のことを知っていたので、近い将来、そういう生き方をすることになるのかもしれないと言いたかった。

自分が持つ悩みは、世間には理解されておらず、差別や偏見を受けるかもしれないけど、自分はこうするしか生きる道がないと言いたかった。先生は、素晴らしい!こういうのがスピーチだ、とえらく褒めてくれた。違うよ先生、単に私は性同一性障害かもしれないと言いたかったんだよ。なんて言えない。

SRSについては情報を得るにつれ考え方が変わって行って、選択肢から外したけど、それ以外は、概ねその通りの結果となった。おまけにニートだよ、まさに普通じゃないぜー!


今は、性同一性障害の認知度が高まりつつあり、比較的寛容な社会になった気がする。一方で認知度が高まった結果、批判や否定的な意見をよく目にするようになった。まだまだ、人前で悩みを吐露したりカムアウトするのは難しいよねー。

少しずつ、世の中の考え方が変化してくれたらいいなって思う。性別の違和で悩む小さな子は少なからずいる。その子たちが大きくなる頃には、今よりずっと開かれた世の中になっていたらいいネ。

レインボーの力によるものではなく、一般の人たちが、少しずつ考え方を変えていってくれて、自然と私みたいな存在を受け入れてくれるようになって、初めて変わったと言えると思うよ。動物愛護の精神が浸透するのに、時間を要したのと同じことだよね。

私がレインボーを良く思わないのは、世間一般に悪しき印象を植え付ける危険性を感じるから。かえって、一般の人との間に溝を作ってしまっている気がするよ。

もうすぐ、あの気持ち悪いパレードをまたやるのかなぁ。逆効果だと何で分からないのだろう。それとも、私が少数派なのかなぁ。まあ、こんな弱小ブログで書いても何も変わらないね。でもね、次の世代への悪影響を考えて欲しい。自分たちは愚かな事をしていると気付いて欲しいな。

ん~咳や喉の痛みはなくなったけど吐き気が相変わらず。しんどいよー。デパス、ではなく改源の顆粒ばかり飲んでます。これがめちゃまずい・・・。

広告を非表示にする

私は性同一性障害だけどLGBTなんかじゃないよ

性同一性障害

うーん、気持ち悪い。吐き気が酷い。何も食べたくない。実際なにも食べてない。暖かいルイボスティーだけ飲んで死んでおりました。

でもしんどいと逆に寝られない。仕方ないからゴロゴロしながらスマホでネットを見てたら、なんか面白い記事を発見。

withnews.jp

こういう考え方をした人もいるんだね。私も何度も書いているように、自分はLGBTだなんて名乗りたくない。自分がLGBTとすら思わない。仲間に入れて欲しくもない。群れを成すのが大嫌いなんだよ。

そりゃ、同じ悩みを持つ人と仲良くなれたらいいなって思うよ。性同一性障害の友達がいたらいいなって思う。単に友達ならね。

でも、よくある「LGBTの集い」みたいな集団とか、ああいう群れを作っている連中は大嫌いだよ。群れなんてボスの価値観を押し付けて強要するだけだもん。

というか、群れや組織でなくても、LGBTであることを強調している人たちは、個々の繋がりは無くても、何か謎の電波でも発しているのか知らないけど、見えない連帯性みたいなものを感じる。

その繋がりの根底にあるものは差別や偏見、被害者意識だったりするのかもしれない。個々が“LGBT当事者”として、それを主張したり発信していく内に、LGBTに対する世間のイメージが出来上がっていってしまった気がするなぁ。

LGBTを主張する人たちや、LGBTを応援する人、あとテレビ番組は、いつもLGBTの人たちが弱者であることを強調するよね。でも皆が皆そう思っているのかなあ?

というか私も一応LGBTに入っちゃうんでしょ?じゃあ言わせてもらうけど、私は自分が性的少数者や弱者だとか、そんなに思わないよん。こう生まれちゃいました。生きづらいです。でもまーしょーがないよねー。終わり。

生きづらいけど差別されているとは思わない。とりあえず普通に暮らせてるもん。まあ差別を受けたような気分になる場面もあったけど、頻繁にそれがあるわけじゃないし。身分証の性別表記とか名前とか、変更できるようになったら嬉しいなーって思うくらい。

逆にLGBTの差別を無くせって騒いでる人らのせいで、偏見が生まれてる気がするけどネ!私たちLGBTの人間は──、そうやって私を巻き込まないでよ。勝手に代弁者にならないでよ。おかげでかえって生きづらいよ。私は静かに暮らしたいんだよ。

少しずつ、私のような人間に対する理解が広まってくれたらいいな。私が思うのはそれだけです。そして私は性同一性障害だけどLGBTじゃありません。あの人たちの仲間ではありません。単に、性同一性障害と診断を受けた一個人です。そゆこと。


ところで足の状態なんだけど、今の所は本当に問題も無く調子がいいよ。精神状態は上下してるけど、そういえばデパスラム酒で逃避することは無くなった。一時は依存かと思ったけど、今はデパスを時々服用するくらい。少しずつ良くなっているのかな。というか風邪でしんどいーねよっと。

広告を非表示にする

トランスが完了したジェンダーさんは正直、生きづらい

性同一性障害

風邪をひきました。頭痛、咳、喉の痛み、寒気。しんどい。。

両親がホームセンターで花の苗を買って来て、庭に植えていたので、私も一緒に外に出ていた。近所の若いお母さんと男の子が家の前を通ったので、挨拶をしたのですよ。

そしたら男の子が「おじさんこんにちはー!おばさんこんにちはー!お姉ちゃんこんにちわー!」と元気に言ってきた。え、お姉ちゃん?私に言ったのかな?うそん、まじで?ちょっと!舞い上がるんですけど!ちなみに、お母さんのほうも、越してきて間がない頃、私を見て女性と間違えたらしい(母の情報)。

まあ髪を短くしていると言ってもサラリーマンみたいな短さではなくて、ボーイッシュな女性みたいな髪型にしているし、家にいるから服は女性物を着ていたし、間違えられやすかったかな。家にいる時は完全に女性モードだからね。

何にしても、小さな子であっても女性に見られるのは嬉しいものだネ。ほぼ完全にトランスしているから当たり前なのかもしれないけど、やっぱり嬉しいです、はい。

でも、ふと思ったのだけど、私って近所の人からどう思われているのだろう。だって、実は性同一障害でーす!なんて誰にも言ってないよ。それに、私が女性に間違えられても、母が「息子」って言ってきたから、近所の人たちには男性と認識されているのは間違いない。

てことは、下手すると「○○さんの所の息子さんって、もしかしてあれじゃない?性同一障害」とか、最悪LGBTの一種とか思われていたりしないだろうか。うう、なんか嫌だ。。

それに、私と歳が近い人もすぐ近所にいるんだよ。1歳年下の男性なんだけど。その人もいい歳して実家住まいだ、あははー。

・・・じゃなくて、私がホルモン剤を服用する前の姿をよく知っている。時々、家の近くで遭遇して挨拶してたもん。もろに女性みたいな容姿に変化した私を、どう思っているのだろう。

何だろなー面倒臭い状態で生まれてしまった。性別で悩むだけではなく、こういう問題でも悩むことになるとか。普通に生まれたかったよ。別に男性でもいいから、それならしっかりと男の心を持って生まれたかったなー。


ところで、こんなの見つけて、読んでいてちょっと驚いたのだけど。。

news.livedoor.com

ゲイの人って女性ホルモン剤を服用するの?今まで知らなかったけど、まじですか。ゲイの人のイメージって、フレディ・マーキュリーとかロブ・ハルフォードみたいな男らしい感じって勝手に思ってた。

あれ?というかゲイの人って、性自認は男性で、恋愛対象も男性なんだよね?だからホルモン剤と無縁かと思ってた。んん?なんかよく分からんぞ。

それに、ホルモン剤を服用して下のモノが役に立たなくならないのかな。私の場合だけど、抗男性ホルモン剤を服用する以前の、プレマリンだけを処方されていた時でも、性欲が消えてへなへな状態だったけど。

その、男性の象徴というか、ち○こが役に立たなくなったら困るんじゃないのかなあって。えっちの時とか。だって性自認が男性なんだし。

まあ何でもいいや。しんどいよー。薬の影響か眠い。早く寝て風邪を治さないとね。おやすみなさい。

広告を非表示にする

オンボロPCを買い換えたい、マハーポーシャに行って来るか

性別違和 性同一性障害

f:id:anzuyuzu:20170407221006p:plain

心療内科に行ってきた。気分に波があるけど問題ないから引き続きお薬で様子見ましょうで終わり・・・と思ったら、無職の期間が長いみたいだけど、社会復帰に向けてデイケアに参加してみる?と聞かれた。

デイケア?なにそれ介護施設のレクリエーション?聞けば、統合失調症うつ病などの病んでる人みんなで作業したり、料理を作ったり、スポーツしたり、どこかに出かけたり、そういうプログラムだって。

えー、というか嫌だ。決められたプログラムを集団でやるのは学校みたいで嫌だよ。それに引きこもりと言ったって定期的に友達と遊びに行ったりしてるもの。別に大丈夫だよ。参加したい場合は言ってね、と言われたけど絶対に参加しない。


家に帰ってテレビを付けると、北朝鮮統一教会桜田じゅんこってひと誰?孤独で寂しい人や、病など苦しみを持つ人が宗教に頼ってしまうのは分かるけど、この人は何で入っちゃったのだろうね。

そういえば去年、シングルマザーの友達が引越ししたのです。引越しから2週間ほど経った頃。彼女から電話があったのです。「ちょっと聞いてよー!」とえらく緊迫した様子だった。

引越し翌日、挨拶回りを済ませた彼女の所に、近所のおばちゃんが挨拶にやってきたそうです。「困ったことがあったら何でも言ってね」と言ってくれたり、とても親切な印象だったらしい。なので彼女は、自治会など分からないことを聞いたり頼っていた。

そしてある日。家で料理をご馳走するからいらっしゃい、と呼ばれた。おばちゃんの家には、他にも4人、中年女性がいた。

おばちゃんの友達なのだろうと彼女は思った。ところが「実は私たち、こういう宗教に入っているのよ。素晴らしい宗教なのよ。あなたも入らない?たくさんの仲間が出来て寂しくないわよ」などと、彼女に入信を迫った。

相手の家に入ってしまっているので、なかなか出るに出られず、何とか逃げ帰ってきた。おばちゃんたちに囲まれて本当に怖かったと言っていたよ。

で、何教って言ってた?「怖くて見てなかった」そうか、うーん、何の宗教だろう。結局、未だに何の宗教なのかは分かっていない。強引な勧誘というと、人間革命のアレか、エルカンターレのアレかな?

電話越しに、彼女は怖がっていた。どうしよう、どうしようと怯えていて、困って私に電話をしてきたそうだ。いつも私を頼りない年下扱いしてたじゃないかー。

でも離れているからどうしようもない。強気で「宗教には関心が無い!二度と来るな!」とハッキリと言うように伝えたよ。んで、何とかうまく追い払えたようで、その後の接触は無いらしい。


しかし宗教ねぇ。大衆のアヘンだっけ。でも新興宗教の多くは、信者にとって救いになっているのかなぁ。どうして怪しい品を高額で購入させるのかな。徳を積むには金と勧誘。何だかネ。

あーでも純女になれるのなら私も入信して修行するぞ!最終解脱を目指そうじゃないか。ヘッドギアつけてシャクティパットして足裏診断してもらって最高になって大勝利しようじゃないか。ま、信者の心理とは、そんな感じなのかもね?

全然関係ないけど、ふと、ダイレーションの体験談を目にした。とても痛そうで面倒臭そうで大変そうだった。凄いなって思ったよ。

SRSを選択せず、色んな意味で中途半端に生きている私なんか、その人に比べたらゴミだと思った。何だか自分が惨めで情けなくて恥ずかしくて、途中で読むのをやめた。

SRS云々というより、私は自分の性と身体が大嫌いで、それで何をして来たか?性同一性障害と診断を受けて、ホルモン剤を服用して、文句を垂れて、終わり。

逃げてばかりの人生で、何ひとつ誇れる物もない。一歩間違えたら、私だって宗教にのめり込んでいたのかもしれないね。

なんか気分が沈んできちゃった。。気が弱くてひとりでは何も出来ないから、人に甘えたいんだよ。でも男性だからそれは許されない。この生きづらさ、苦しみ、誰が分かるものか。。。

広告を非表示にする

性欲ってどんなものだったか忘れた。。

性別違和

あーあ、やっちゃった。何かもう不安定過ぎて訳がわからない。朝から気分が重くて起きられなくて、起きたら起きたで気遣ってくれた母を責め立ててしまった。感情がコントロール出来なかった。部屋に篭って泣いた。

それでも、酷いことを言ったのに、母は怒らずに私が落ち着くまで待ってくれた。「うつ病のことも色んな悩み事も一緒に解決していこう」と言ってくれた。

最近、不安な気持ちに包まれることが多いんです。どうしたらいいのか自分でもよく分からない。色んなことが脳裏を過ぎって、不安な気持ちになってしまう。

それから、やっぱり孤独や寂しさを感じてつらいんです。両親がいるじゃないか、お前は孤独なんかじゃない甘えるな、と思われていそうだけど、何と言われようと孤独感が消えない。

私はとても甘えんぼだからね。親にではなく、私のことを大切に思ってくれる人に、目いっぱい甘えたい。でも事実上それは無理だから、余計に寂しいんです。

時間が経って夕方になったら、気分もだいぶ良くなってきた。母には謝りました。「悩み事があったらいつでも言ってくれたらいいからね」って、母よ本当にごめん。

でもなんというか、友達にも言えないような恥ずかしいことを、母と話したりしてしまってるよなぁ。例えば性犯罪事件のニュースを見て「犯人には抗男性ホルモン剤を一生飲ませたらいいんだよ。だって私なんか何年間もち○こ無反応だよ、もうずっと性欲ないし」とかさ;

嘘じゃないんだよ?最初の頃に書いた記事で、2年以上自慰行為をしてないと書いたような気がするけど、実は自慰行為なんてそれ以上ずーっとしてないもん。1人目の恋人とえっちして以来、4年間何もしてない。シテロン&アンドロキュアーってそれくらい強力だよ。本気で性犯罪者に飲ませたらいいんだよ。

だからね、性欲の無い私が男性に抱かれてみたいなって言うのは、単にしたいとかそういう事ではなく、純粋に愛されてみたいという気持ちが強いのです。

って恥ずかしくなってきた。さすがに上の2行は母にすら言えない。あ、考えたら性欲だけでは無くて食欲も失ってた。人間として死んでるね。さてさて、これから父と話があるのです。怒られるのではなく、何か頼まれて欲しいとのこと。そんなことを父が言ってくるなんていつ以来だろう。ホント最近、色々と変わった。

広告を非表示にする