読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

性同一性障害+無職ニート

愚痴書いてるだけ

孫も見せられないクズだからモルモットでいいや

性同一性障害 性別違和

CSで放送していた「はじめてのおつかい」の再放送?を父が見ていた。母が「そんなの見て面白い?何?孫が欲しいの?」と言ったら、父が「うん」と返事をした。別の部屋に居たけど、そんなやり取りが聞こえてきた。

父の兄妹の子供たち(みんな私とほぼ同い年)は、早々と結婚して子供を作った。つまり父の兄妹は孫ができて既にお爺さんお婆さんになった。

ゲンキングが、母親に対して、孫が見せられなくて申し訳ない、と言った趣旨のコメントをしていたけど、私も同様の気持ちだよ。

女性に生まれてきていたら、私も早くに結婚して子供を作っていたかもね。そういうのが夢だったし。仕事一筋の姉と違って、私は家庭を持つことに憧れていたから。でも男性だもんね。結局、タラレバ定食の話だよ。

はぁ、働きたくない。ぐーたら楽したいのではなくて楽になりたい。普通の健康な精神状態になって、普通に動けるのなら働きたい。でも、ちっとも状態が良くならない。医者は悪くない。私は何も正直に話してないもの。

伯母さんは“精神科”に行けって言ってるみたいだけど、私が行ってる所も“心療内科・精神科”なんだけどな。女医さんも居るし良い所だよ。それに私のコレは誰にも治せないよ。自分で分かるもん、もう無理だって。だからやっぱり薬漬けでいいかなって。楽になれるのなら、ね。

そうそう、リア・クーパーという人の写真を初めて見た。この記事に載ってる。17歳でSRSを受けたイギリスのMTF。ネットニュースで名前だけ知っていたけど、写真は初めて見た。早々とホルモン注射を受けていたのだから、きっと女性と見紛う容姿なのだと思ってた。

なんだ、やっぱり私は恵まれている。容姿も、声も、親の理解も。MTFとして生きていくなら、自信を持って楽しく生きていけたはず。でも私はMTFではなく純粋な女性として生きてみたかった。恵まれていたとしても、常にどこか劣等感を抱いてきた。何をやっても私は事実上男性で、何をやっても私は女性には変化しない。医者に言って待っているのはSRS、それなら向精神薬でも打ち込んで下さいな。

世の中を生きていくのは本当に辛くて大変。それでも普通の人たちは、とりあえず同じスタートラインから出発できる。私は男のようで男ではない変な生き物だから、どっちみち私の人生なんてクズなんだよ。スタートラインにすら立てなくて、消えてくだけのクズなんだ。

モルモットって他の動物と違って、生きようとするエネルギーが少ないんだって。だから、病気になって手術をしても助かる可能性は少ない。ナショジオ・ワイルドのDr.K エキゾチック動物専門医でやってた。

何だか私みたいな性格をしているね。モルモットにされるなんて言い方があるけど、私の場合はモルモットになってる、かな。でもモルモット可愛いもんね。もうモルモットでいいや。人間は疲れる。支離滅裂な文章でごめんね。久しぶりのデパスで世界がパラダイス。また何日か前に月間PVが1000を超えたって着てたよ。どうなってんの?なんか怖い。

広告を非表示にする

100%の女性になりたい

性同一性障害

バイトに応募した。電話するのは怖かったからウェブ応募してみたら、すぐに電話が掛かってきた。明日、面接にいってきます。

とにかく、両親にお金を返したい。借金しているわけではないけど、ジェンクリの費用、レーザー脱毛の費用、一人暮らしをする時の初期費用、全て親が払ってくれたから。父は、バイトしたら、そのお金は返さなくていいから、これからの為に貯めておけばいいと言ってくれたけど、やっぱり返しておきたい。

はぁ、しかし日増しに自分の身体への嫌悪というか憎悪みたいな感情が増している。下に付いているモノが嫌だという単純な不快感ではなく、何をしても100%女性の身体にならない絶望感というか、それが何だか、もうとてつもなく嫌だ。。

その前にお前、女性の身体に近付く努力してないだろ。と思われそうだけど、私だって、何だかんだ言っても頑張って女性の身体に近付ける努力はしてきたよ。学生の頃は散々、豆乳を飲んだ。イソフラボンのサプリを自分で買うお金は無かった。効果があったのかどうかは分からないけどね。まあ美味しいから続けられたよ。

女性の体重に近付けたくて、食べた物をすぐに吐くことだってやってた。最初は苦しかったけど、慣れると作業的に吐けるようになった。一時期、拒食症みたいな状態になった。吐かないと不安に襲われる精神状態になった。毎日吐き過ぎて胃を傷めて胃カメラを飲む羽目になった。この方法で体重を40キロまで落とした。

くびれを作るために毎日、朝から晩までベルトでぎゅうぎゅうに締め付けていた。矯正用コルセットなんかを買うお金は、もちろん無かった。思い切り締め付けていたので気分は悪いし、食事もろくに食べられなかった。でも続けている内に苦しさは無くなり、少しずつくびれは出来た。5年くらい続けた。

こうやって、自分なりに努力はしたつもり。学生の頃だからホルモン剤は買えないし、お金自体がなかったから、こんな方法しか出来なかった。ホルモン剤を服用し始めたとき、色々としておいて良かったって思ったよ。でも女性のスタイルに近付いても、身体への不快感は消えなかったけど。

ん、、、私は、なんか性同一性障害とは違う別の病気なのかな、って最近、思うんだけど。。みんな、女性的になれたら喜んでいるみたいだし、それが目標なのも知ってる。私もそうだったけど、いざパスできる状態になっても、身体への不快感は消えないし、なにか満たされない。100%の女性になりたい。無理なのは分かってるけど。。。

ちなみに、私がスタイル・ルックス共に最も女性的に完成したのは、最初の恋人がいた頃。私の裸を見て驚いていた。裸を見せたことがあるのは彼女だけ。もう一生誰にも見せることなく人生終了だね。何だか寂しい。。

寂しさを抱えて風俗で働く女性の気持ち、何となく分かる気がする。それはやらしー気持ちがあるからではなく、きっと誰かに癒して欲しいんだよ。一度でいいから、好きな男性に抱かれてみたかった。純粋に温もりが欲しかった。男性に生まれてしまったが為に、こんな寂しい人生を送ることになるなんてね。

私の人生に「これから」はあるのかな。残り時間はどれくらいだろう。それまでに元気になれるかな。ご飯が美味しく感じられるようになるかな。泣かないで笑顔で居られる日が来るのかな。ブログで愚痴を書かなくてもいい日が来るのかな。

広告を非表示にする

ドールだらけの可愛いお部屋で ピンク・フロイドを聴いていた

性別違和

伯母さんから手紙が届いた。いい病院があるから、そこに行きなさい、という地図つきの内容だった。え…嫌だ。。また1から検査されるの嫌なんだけど。

伯母さんは、私が性同一性障害なのを知らないから、普通のうつ病と思っているのだろうし、きちんとしたカウンセリングなどを受けたら良くなると思っているのかもね。まぁ、伯母さん自身がうつ病経験者だし、私のことをとても可愛がってくれているから、色々と心配してくれるのだろうけど。

私の姉を除いて、うちの親戚筋はみんな男。だから姉は勿論、私も女の子みたいだって、伯母さんは可愛がってくれる。その代わり、男性陣への扱いは若干不当だったりする。

逆に、祖父母は私のことをちょっと変だと思っていたみたい。両親が土地を買って家を建てた後、祖父母がお祝いを兼ねて遊びに来た。母は、(祖父母は)私の部屋には見に来ないと思うと言っていたので、片付けないでそのままにしておいた。そしたら、まさかのまさか、部屋に祖父母が来た。。見て、びっくりしていた。

部屋は、キキララやシナモロールのグッズ、シルバニアファミリーのドール、ハウスが飾ってあった。もう性別違和を親に告白した後だったから、自分で買ったり誕生日プレゼントに買ってもらった。「まあまあ、女の子の部屋みたい・・・」と、言葉少なに祖父母は部屋を出て行った。最悪だった。

後に祖父母は、母に「あの子は大丈夫なのか?」みたいなことを言っていたらしい。それがとてもショックで、私は部屋にあった物を全てオークションで売却した。それからはもう、今に至るまで、男らしさも女らしさも何も感じさせない殺風景な部屋にしてある。考えたら、私は本来の自分(=女性として)の感情をとことん殺してきてしまった。性別違和というのは、それくらい誰からも理解されにくいものなんだよ。

でもさ、自分でもちょっと変だと思うのは、シルバニアファミリーだらけの可愛い部屋でピンク・フロイドとかレッド・ツェッペリンを聴いていたんだよ。凄いギャップがあるよね。

私が洋楽を聴き始めた理由って、FMラジオから流れてきたウルサイ音楽を耳にして、こういうのを聴けば少しは男らしくなれるかも!という下らないものだったんだよ。ヴェルヴェット・リヴォルヴァーが結成直後の時期だったかな。

で、聴いていく内に、「男らしく」という目的に関係なく、じわじわとハマっていった。最初はやたらとHR/HMを聴いていた。ガンズ、テッド・ニュージェント、マイケル・シェンカー、モーターヘッドビートルズなんざ興味ないぜ!というかどれも私の世代が聴くものではないね;

でも、そのうち音楽の好みが広がっていったんだよ。トラフィックとかロクシーミュージックとかさ(ジョン・ウェットン死んじゃった…)。ヤードバーズのFIVE LIVEなんかも買ったよ。

中古レコード屋のおっちゃんが、いつも学生が古臭いロックのアルバムを買っていくので、顔を覚えてくれるようになって、おっさん並みの音楽知識を持つ子って言われてた。男らしくとか関係なく、単純に洋楽、特にクラシックロックが好きになっていった。

洋楽がきっかけで仲良くなった女友達もいるからね。彼女はマイケル・シェンカーやイングヴェイのファンだったんだよ。女性でもそんな人いるんだなーって思ったよ。ブートレッグとか貸してあげたら、えらい喜ばれた。

今は精神状態が悪いためか、音楽自体が殆ど聴きたくなくなってしまったけど、洋楽を好きになったお陰で友達が出来たし、色々と聴いておいてよかったと思ってるよ。

さておき、実はクリマラ100を注文してしまったのです。まだ身体に変化らしい変化は起きてない。下も相変わらず完全に無反応。だから今のうちに…って思った。やっぱり女性ホルモンがないと生きていけない。腐ってもMTFなもので。。

広告を非表示にする

墓まで持っていく

性別違和

久しぶりにヤフーニュースを見た。男性の性暴力被害に関する記事が載っていた。

男性の性暴力被害、認識を=「信じてもらえず」
首絞められ、男の先輩に無理やり…

学校でこういうことをされている人って、意外といるのだろうか。私の場合は、刃物を突きつけられたり挿入はされなかったけど、同じように全裸にされたり、裸にされて身体をあちこち触られたり匂いをかがれたりして、ただ黙って耐えるしかできなかった。未だに夢で見るし本当にトラウマ。

連中は、私が大人しくて中性的だったから狙ってきたのだろうね。こいつ女みてー、みたいなこと言ってたし。リンク先の、性暴力被害に遭った男性は勇気がある。誰かに告白するのは勇気がいる。私はその勇気すら出ない。ブログは完全匿名で正体もばれないだろうから書いているけど、リアルでは墓まで持っていく。こんなの誰にも言いたくない。

私が、やらしーことに強い嫌悪感を持っているのは、こういう過去も関係しているのかもね。何だか自分の身体がすっかり汚れてしまったような気がしていた。だから自分の身体がこんなにも好きになれないのかな。いや違うか。これは子供の頃からだもんな。何にしても、私の心はその頃から死んでいたのかも。

夜、親戚の伯母さんから電話があった。母が取り、長々と喋っていた。話が終わった後、母が私のところに来て「伯母さんがあんたのことを、とても心配していた」と言った。私に良くない事が起こっているような気がして、心配でならなくて電話をしてきたそうだ。あの子、本当に早く死んでしまうのではないだろうか。そんな嫌な気がしたらしい。ちゃんとした病院に連れて行ってあげなさいって、年末の時と同じように強く言われたそうだ。

別に死ぬ気なんてありませんよーだ。伯母さんの思い違いだよ。笑って母にそう言ったけど、実は結構当たってるんじゃないのかなって思った。思っただけ。何だか知らないけど疲れちゃった、寝よ。。

広告を非表示にする

LGBとTを一緒にするんじゃないっ!

性同一性障害

心療内科に行ってきた。パキシルが20mgに増えた。帰り、母のお昼ごはんを買って、ついでにナットウキナーゼと、あと納豆も2パック買った。どれだけ納豆マニアなんだと思われそうだけど、何としても血栓を溶かしたいのです。

家に帰ってテレビを見れば、森友学園かジョンウンばかり。正直どうでもいい。こういう時はニュースバードNHK。ハートネットTVをかけたら、またまたLGBT。。前も心療内科から帰ってきたらLGBT特集だったよ!嫌がらせみたいだ。変えようとしたら、母が「他はろくな番組が無いからいいじゃないの」だってさ。

テーマは「LGBTを当たり前に」だそうで、生田斗真MTFの役を演じた映画が云々。ふーん、あっそ納豆むしゃむしゃ。どうでもいいけど、何で「女装パフォーマー(ゲイ)」がトランスジェンダーを語っているのだろ?「私もトランスジェンダーだと思われるんですけど」って、この人は何を言ってるのかな?

それにしても、所々で流れる映画のワンシーン、母がいる所で見たくなかった。おっぱいが欲しいとか、偽おっぱいを作ったとか、ブラジャーをつける場面とか。気まずかった。胸が育った時は嬉しかったけど、でもブラなんか付けたいと思ったことない。貧乳だし…じゃなくて、そんなことより身体自体が嫌いで、そちらをどうにかしたかった。。

なんか矛盾しているのだけど、男性の身体のままでいるよりは、ホルモン剤で女性化させたほうが、女性に少しでも近付いた気がして嬉しかったし、精神的にも安定したし、苦痛は若干和らいだ。でも、やっぱり身体自体は男性なのであって、完全に苦痛が消える事は今もないんだ。

その辺なんだよ。私が他のトランスジェンダーと違うのは。こんな男の身体…嫌だ!っていう嫌悪にも似た気持ちが、子供の頃からずっと強かった。女性の服とか、化粧とか、興味が無かった訳ではないけど、それよりも自分の身体への気持ち悪さ、苦痛のほうが強くて、そちらのことばかりを考えてきたんだよね。私はどこかオカシイのかなぁ。。

んで、映画を作った監督さんは、アメリカに比べて日本はトランスジェンダーと遭遇する率が低い、と言っていたけど、それはナショジオで放送された「ジェンダー革命」が答えを出しているんじゃない?アメリカのMTFたちは、人の目を気にするより、自分らしさを大切にしたいって言ってたもん。堂々と自分がしたい格好をする。だから遭遇率が高めに感じるのだと思うよ。

日本の場合は勇気がいる。ひとつには、オネェタレントによる悪影響がある。あの人たちのお陰で、オカマも同性愛者も女装家もトランスジェンダーも、全て同じに見られるようになってしまった。

それと、女性の服を着て外に出歩きたくても、ハードルが高過ぎるのだと思うよ。だって日本女性の肩幅と比べて、多くのMTFはごつく見える可能性があるから。生田斗真だって、顔はいいけど女装姿はごつく見えていたもの。それで悩んでいる人は多いと思うけどね。

それよりも、だよ。出演者みんなLGBTLGBTって一緒くたにして言ってるけど、LGBとTを一緒にするんじゃないっ!監督さんだって、トランスジェンダーが──と言った次にはゲイが云々とか、何で同じカテゴリーなのさ?

トランスジェンダーは基本、異性愛者だよ。ジェンダー革命では、ちゃんと「あなたは異性愛者?」とトランスジェンダーに質問していて、勿論、答えは「YES!」だった。同性愛者のことを卑下しているのではないよ。LGBとTは根本が違うと言いたいんだよ。

しかし酷い番組だった。トランスジェンダーのことを語るのに女装家を呼び、LGBとTを全て同じカテゴリーで語る。ある意味、出演者たちが何も分かっていない。私のような人間の気持ちを、何も分かってないよ。。その辺、ジェンダー革命は丁寧に作られていた。

私は男性と恋愛したいな。それは私が異性愛者だからだよ。でも、一般の人から見たら、私は同性愛者とカテゴライズされるのだろうね。LGBTなんて大嫌い。その4文字が世間で一人歩きをしてしまった結果が、私のような人間に対して、多くの誤解を生む要因になっているのだから。LGBの皆さんで仲良くしてもらって、Tは放って置いて下さいな。

広告を非表示にする

私なんか 弱くて小さな人間なんだよ。。。

女性ホルモン剤 血栓症

今日は気分が落ち込みまくりでした。寒暖差が激しいし、体調も心もコントロールが難しい季節だね。相変わらず睡眠不足だし。1時間おきに目が覚めてる感じ。

眠れないからNHKのマイあさラジオを聞いていたら、健康ライフのコーナーで血栓症をやっていた。とても怖い病気って言ってたよ。まあ身を持って感じているけどね。だってホルモン剤が飲めないもん。血栓からなる脳梗塞とか心筋梗塞より、命の源とも言えるホルモン剤が飲めないのが怖い。。。

はぁ、、私がどれだけホルモン剤に救われてきたか…思えば、ホルモン剤を服用してからの変化は凄まじいものがあった。元々、肌は病的な意味で青白かったけど、ホルモン剤を飲んでからは、女性的な透き通るような白さになった。顔や身体の肌が透明感のある白さになる、それだけで女性っぽく見えるから、やっぱり肌の白さって大切だなって思った。

顔の変化というのも不思議だけど、ホルモン剤を(大量に)飲み続けている内に、気が付いたら女性みたいな顔になっていたんだよ。だから、化粧で厚く塗りたくる必要はないし、整形もいらない。女装する時に来ていたメイク係の女性が、すっぴんでこれってむかつく、って怒ってたもの。私は本当に運が良かったのだろうね。ホルモン剤の効果が見事なまでに現れたよ。

でも、今考えたら副作用というか、危険信号は早々と出ていた。プレマリンだけの時は副作用らしいものは感じなかったけど(その頃は検査したし)、リノラル・シテロンの服用から半年が経った頃、そういえば頻繁に右足ふくらはぎが攣った。あれって血栓ができる兆候とも言える症状なんだってね。何も考えてなかった。あーあ。。

昨日、友達と梅の花を見た帰りにカフェに寄ったんだ。昨日は晴れていたし暖かかったよね。だから服も結構薄着だったんだよ。で、私はホットココアを頼んで飲んでいた。しばらくしたら汗が流れてきた。自分でびっくりしたよ。汗かいたの、とても久しぶりだったから。

去年の夏にアメブロでも書いたのだけど、ホルモン剤を飲んでからの私は、夏でもクーラーがいらなくなった。真夏のお昼頃、室温が33℃くらいあっても平気だった。どうしてもクーラーが必要な場合、温度は28℃に設定していた。暑くても汗なんてかかなかった。

ホルモン剤を飲む前は、そうではなかったんだよ。クーラーは23℃辺りにしていたし、暑い時は汗をかいていた。

で、話を戻すと、こんな季節にちょっと暖かい飲み物を飲んだだけで汗が出るだなんて、何かがおかしい。ホルモンバランスが乱れて更年期障害とか。男性ホルモンが復活してきているとか?ふぅ、、、現状を受け入れる覚悟はしたけど、でもやっぱり怖い。

女性と見紛う容姿になることが出来て(下のモノと喉仏はあるけど…)、それだけでも精神的には結構救われてきたんだよ。それが、また男性にじわじわと戻ることになったら、もう心は死んで、ただ生きているだけの状態になるような気がする。

強い人なら、男性として生きることを受け入れられたのかもしれないけど、私は弱いんだよ。情けないくらいに弱い。誰かに守ってもらったり、支えてもらわないと生きていけないような、本当に昔から心が女々しい人間なんだ。だから、これからどうなるのか怖い。本当に不安で仕方ないよ。。。

広告を非表示にする

もうすぐ恋の季節ですが 恋なんてものは諦めました

性同一性障害

友達に誘われて、散歩も兼ねて梅の花を見に行ってきた。散歩したのって、とても久しぶりな気がする。外の空気を吸ったのって、とても久しぶりな気がするよ。ついでに親子連れだらけで気持ちがぐらぐらしてたよ;

梅の花を見て、ちょっと休憩してあれこれ喋った。友達も、最近また調子が良くないと言っていた。久しぶりに心療内科に行って、薬を貰って飲んでいるらしい。症状は軽いみたいだから、とりあえずよかった。

友達と喋っていると、人前でも完全に女性モードになってしまう。服装はメンズなんで危ないアブナイ。久しぶりにスイッチ切り替えまくりで大変だった。ふたつ人格を持ってるみたいで本当に大変なのです。「気にしなくてもボーイッシュな女の子みたいで可愛いよ」って、そういう問題じゃない。。

大体、私はその“可愛い”をいつまで維持できるんだ?ホルモン剤をやめて、もう22日くらい経つ。その少し前も服用中断期間があるのだし、そろそろバランスが崩れてくるのでは?今はまだ(下の反応も含めて)変化を感じないけど、本音は怖いんだよ。

そういえばいつだっけ、性同一性障害MTFの人が殺人か何かで逮捕されて、東京拘置所ホルモン剤の処方を拒否したという、人権的に大問題の酷いニュース。犯罪とそれは別に考えてもらわないと!酷いよ。その人の日々の恐怖、私は分かるなぁ。自分が今、同じような状況に置かれているからね。髭とか生えてくるのだろうか。何だか生きていける気がしない。。

あ、そうだ。友達が、ゲンキングという人の話をし出して、私と生い立ちがよく似てるって。誰だそれ?有名人はマジで分からん。…で、その場でスマホで調べてみたら、この記事が出てきた。

おお、、この人の気持ちはよく分かる。さとうかよやカバちゃんと違って分かる。男の癖にキモいとか、おかまとか、男らしくと言われてきたとか、まんま私と同じだ。。自分らしく生きられない毎日が嫌というのも、痛いほど分かるよ。

診断書を公開する理由はよくわからないけど…人それぞれの考え方だね。私は、その紙切れに勇気どころか失望しちゃったからなぁ。あと、自分をオカマって…性同一性障害=オカマじゃないんだけど。。なんか誤解を与える表現だよ。

ちなみに、私もこの人と同じく、ドラゴンボールスラムダンクは一切知らない。ガンダムエヴァも知らない。仮面ライダーシリーズとかも一切知らない。だから学校で男子の会話には入れなかったもんなぁ。

好きな人が出来ても、殆どは叶わないというのが何気にグサっとくる。以前、友達にも聞かれたよ。男の人を好きになったことある?って。一応あるよ。憧れの人はいた。でもそれはオカシイぞ!と自分に言い聞かせていた。何にしたって、もう恋愛なんかどーでもいいよ。泣泣泣

広告を非表示にする