読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

性同一性障害+無職ニート

愚痴書いてるだけ

S・R・S! S・R・S! S・R・S!

性同一性障害

今日も何だか気分が楽。あれだけ死にたい症候群だったのに不思議なものだね。雨が鬱陶しい。寒いの何とかならないかなー。と思いつつ体調がいいし、ショッピングモールに散歩に行ってきたよ。

そしたら、春休みだけに子供連れだらけだったのです。みんな幸せそーですねー、来るんじゃなかった。藁人形と五寸釘どっかにないかなー。でも用事があったから、頑張って幸せ渦巻く空間に突入してきましたよ。

で、人だらけの中、泣き喚いている子がいた。親は何をしてるのかしら!と、近くの老夫婦が怒っていた。お母さんは、ちゃんと子供をあやしていたのだけどね。何で怒るのだろう。子を放置している親は論外だけど、こういう場合は、お母さん頑張れって思うけどなぁ。

前に書いた、子連れの友達と一緒に暮らして、短期間とはいえ子育てを経験して、私も、その大変さを少しは知っているからね。最初の頃は慣れなくて、あたふたしたもんだよ。

みんなで買い物に行って、友達が買い物をしている間、友達の子とふたりで別の場所に行っていたのだけど、何が原因だったかな、急に泣き出してしまった。どうしてあげたらいいのか分からず、戸惑ってしまって、そしたら近くを通りかかったオバサンに「あなた親なんでしょ?しっかりしなさいよ!」って、えらい怒られちゃいました。

やっぱり小さな子にとって、両親の離婚は天変地異みたいな出来事だったのだろうね。元気に振舞っているように見えて、とても寂しそうな表情を見せたり、時には急に泣くこともあった。最初は、本当にどうしてあげたらいいのか分からなかった。

それで、とにかく気持ちを受け止めてあげようって思った。色々とつらかっただろうからね。話を聞いてあげて、ぎゅーって抱きしめてあげたり。すると、しばらくしたら笑顔に戻るんだよ。というか、こういう時は私も完全に母親の気持ちになってました、はい。。

そうしたら次第に、私にとても甘えてくれるようになって、一緒に散歩をしている時も、私の手を強く握ってくれるようになった。時々「お父さんになってよ」って言われて、苦笑いしか出来なかったけど、それだけ心を許してくれていたのだと思うよ。

最初、人様の子供は好きでも何でもなかったんだけどね。少しずつ心を開いてくれて、子供って可愛いなって思ったよ。あーあ、子供って可愛いよね。子供がいる人が羨ましい。。泣

ところで、精神的に余裕が出来ると、何となくネットを見たりするのです。そしたら、こんなの見つけたよ。

www.buzzfeed.com

LGBとTは──以下略。この記事に出てくる土肥いつきさんという人の発言に注目して欲しい。とても素晴らしいことを言っているよ。「将来の夢は何?という質問に、手術という答えは聞きたくないです」…そう、そんな言葉を言ってくれる人を待っていた。

前にも書いたけど、若い子たちには安易にSRSを目標に生きて欲しくないんだよ。ネットに無数に存在する、性同一性障害関連の掲示板やブログ、ホームページの多くは実に罪深い。SRSすることを前提に、ホルモン剤などについて解説していたりする。SRSの危険性、闇などには殆ど触れることなく、だ。

それに、SRSをしなければ何をしても所詮は単なる男、と言った意見を見かけた記憶がある。若い子は、ネットの情報などを真に受けやすいのではないだろうか。自分の意思で手術を受けたいのなら、それは個人の勝手だけど、もしネットの情報や書き込みに影響されてそう思っているのなら、危険なことだと思う。

ネットの世界に限ってのことではあるけど、手術を受けることがステータス、みたいな考え方が多く見られるように感じる。それと、有名人もある意味、罪深い。手術について奨励する者や、自身の手術体験を嬉しそうに語っているお馬鹿さんもいたしね。

SRSをしなくても良いという選択肢を、国が作ってくれると嬉しいけどね。難しい問題だよね。ち○こついてるのに女性と認めるのは無理がある、という意見もあるだろうし。でも、見た目が女性になっている場合、結構苦労するのですよ。前に病院の窓口で酷い目に遭ったし。。まあ私個人としては、とりあえず安楽死法案を通して欲しいけどネ!楽に死ねる権利くらい、さっさとちょーだいよ!

それとですね、レインボー国会という名前は如何なものでしょうか。レインボーというと、あの如何わしいパレードと関連しているみたいに思えるよ。LGBTとかレインボーとか、もう腐敗しているイメージすらあるし、ちゃんとした呼び方を考えたほうがいいんじゃないのかな。おやすみ。

広告を非表示にする

血栓との血戦;

女性ホルモン剤 性同一性障害

最近、精神的に安定してます。とても気分が楽。ようやく薬が効いてきたのかな。医者は、乱高下があるような事を言っていたけどね。また、すとーんと気分が落ちることがあるのかも。嫌だなぁ。。

それと、アクセス数がすとーんと落ちました。一時の急増は何だったのだろう。でもホッとしたよ。多いと怖かったもん。今まで通りの方が、のんびり好きなこと書けるしネ。

それとそれと、実はNCノームと、プレモンと、アンドロキュアージェネリックを頼みました。というかオオサカ堂さんは、いつの間にかリノラルの取り扱いが終了していたのね。。代わりにエチニルエストラジオール…ストレートな名前の錠剤が売ってる、と思ったら売り切れ。なのでNCノームだけ別のところで買いました。

血栓症なのにおまえ馬鹿だ、と思われているかもしれない。えへへ、馬鹿なのです、はい。一気にがばがばと服用するつもりではなくて、ごく少量でやってみようって思った。昔みたいな大馬鹿な真似は、さすがにしない。

どうしても夕方になると、ふくらはぎは浮腫むよ。でも、寝て朝になったら元に戻ってる。クリマラ100を貼って2週間経ったけど、今のところ問題ないですよ。だから、ちょっと錠剤を試そうかなって。Dダイマー値とか血液検査は定期的にしてもらえるから、数字を見てコントロールしていけばいいかと。

というか、やっぱり嫌なんです。男性化したくない。クリマラだけでもいいけど、それ単体で今の姿を維持できるのかなって、結構不安だった。もし、僅かでも男性ホルモンの活動を感じたら、気が狂ってきそう。

ん、、私はやっぱり女性なのです。心が、とかそういう事ではなく、単純に自分は女性なんです。ものの考え方、仕草、全てが小さな頃からそうなんです。いじめっ子の言う、オカマではないのですよ。

だから、僅かであっても自分の身体から男性を感じたくない。男性の身体で生まれてしまった以上は、どうしたって完全には防ぎ様はないけれども。下に付いているものも、そのままだけれども。せめて、男性ホルモンだけはしっかり叩き潰しておきたいなって。そうでないと、気がおかしくなってしまいそう。

とにかく!血栓症の人でもホルモン剤が服用できるのかどうか、人柱になってみるよ。前回は恐怖の余り、早々と止めてしまったけど、今回は極限まで頑張ってみよう。というか、ずっと服用してるトランサミンも、血栓症の人は駄目ってなってるよ。でも大丈夫じゃん!あとは運だよね。

広告を非表示にする

LGB…Tに対するいじめ

性別違和 性同一性障害

とても不思議な夢をみた。ベッドで寝ていたら、不思議な重みを感じた。目が覚めて見てみたら、1年前に死んだわんこが布団の上にいた。そして布団の中に入ってきて、しばらく一緒に寝ていた。

帰ってきてくれたと思って、嬉しくて仕方なかった。しかし、しばらくすると、わんこは布団から出てベッドを降りた。そして、窓をすり抜けてベランダに出て、じっと座っていた。私が何度呼びかけても、じっと座ったまま、次第に身体が透けていった。

…という所で目が覚めた。時は深夜4時を少し過ぎた頃だった。つけっ放しのラジオ深夜便は、フランツ・カフカの特集が流れていた。

あまりにリアルな夢だった。部屋も何もかもが現実と同じ空間だった。目が覚めた後、思わず布団の中を探してしまった。また会えた嬉しさと、再度の別れの寂しさで、涙がボロボロ出てきてしまった。未だに、夢とは思えないほどにリアルだったよ。これ書きながら、まだ涙が出てくる。

ちょうどアメブロを始めた頃、もうすぐゴールデンウィークという頃に、愛犬が死んだ。シーズー犬で14歳だった。大切な家族の一員で、いじめられていて友達がいなかった私にとっては、唯一の大親友でもあった。ある意味、私は犬依存だったよ。いつも一緒に散歩に行って、夜は一緒にベッドで寝てた。

死んだ時は、あまりのショックに涙が出なかった。火葬する時は、ついて行かなかった。2日ほどしてから、悲しみが一気に襲ってきて、一晩中泣いていた。

とにかく不思議な夢だったよ。まるで少しだけでも会いに来てくれたみたいな夢だった。私は霊感なんてないけどネ。でも、不思議な現象を否定はしないよ。そう思いたくなる内容だった。

ところでところで、こんなニュースがあった。

www.sustainablebrands.jp

LGBとTは別…それは今回はどうでもいいや。学生時代に、いじめに遭った人は多いんだね。この記事が指すいじめは、どういういじめのことなのかな?

私みたいに、オカマだ、ホモ野郎だと言われたり、性的なことをされたり、そういうセクシャリティが絡んだいじめなのかな。だとするなら酷い話だよ。

普通のいじめと違って、セクシャリティ絡みのいじめは、親や先生に言えないんだよ。普通に考えてみてよ、言えるわけないじゃん!女っぽいから裸にされました。胸や体中を触られました。女っぽいからオカマといじめられています。女っぽいのは私の性自認が女性だからです。

そんな事を言ったら、特に学校の先生なんて、どんな目で見てくるかわかんないよ。だから耐えるしかなかったんだ。休日に呼び出されても「友達と遊びに行ってくる」と、親に嘘をつくしかなかったんだよ。断れないくらい、もう抵抗する力だって無かったんだよ。これはセクシャリティ云々は関係ないけどね。いじめを受け続けると、抵抗する力すら消え失せるんだよ。

でも、中学の時の担任の女性教師は優しくていい先生だったなぁ。だからと言って性別違和だなんて言えないけど。ちなみに、中学校の家庭訪問で、その先生が母に言った一言は、後から聞いて嬉しかったですよ。「○○君は、女の子みたいですよね」って言ってたんだって。とても嬉しかったです、はい。それくらいしか、学校関連のいい思い出は無いけど。。

同窓会ないかなー、呼ばれたいなー。呼ばれたら、思い切り女性の格好して行くのになー。ちゃんとメイクしてウィッグつけて(実は持ってるのです)、いじめてくれた奴に「私くらいのルックスした女を抱いたことある?無いだろブ男!」と言って股間を蹴り上げてやりたい。割と本気で;

はぁ、、泣き過ぎて頭痛い。ねよ。。

広告を非表示にする

体毛とか、骨格とか、身長とか

性同一性障害 性別違和

某Yオークションに出品した物が落札→入金されたので、郵便局に行って発送して来た。最近のオークションって、取引が機械的で面白味も何もないね。10年くらい前は結構面白かったよ。オークションを通じて相手と仲良くなったり。

当時、通販やオークションでは、通称名みたいな感じで、いつも女性の名を使っていた。オクでの出品時は、当然、銀行振込みを利用されると本名がばれるので、支払い方法を「定額小為替」限定にして出品していたのです。

落札されると、いつもちょっとしたイラストとお礼のメッセージを添えて、品物を発送してた。そうすると、結構反応があった。可愛いイラストを有難う、とかメールが着たりとか。それがきっかけで、ネット上だけの仲ではあるけど、仲良くなったりもしたよ。主婦さんばかりだったけど。だって出品物がハム太郎カレーのシールとか、シナモロール等のサンリオグッズばかりだもん;

落札者からは「可愛い名前ですね」と、よく言われた。それが本名なら嬉しいんだけどね!実は男でした。あああ騙してごめんなさい!ちなみに、当時は通称名なんてもの自体、知らなかった。単純に、ネットなどの取引の場だけでも、女性でありたかったんだ。だから女性名を使った。今はもう無理だね。取引は銀行口座を使うのが基本だから。なんだか面白くないよ。

ところで、急に膝が痛い。曲げて伸ばす時に引っかかる感じがあり、動かすとパキッと音が鳴る。調べると、棚障害というものが一番当てはまるかも。10~20代の女性に多いんだって。女性、やったネ!…嘘うそ、膝が痛むのは意外と不便で苦痛です。

お金出してあげるから病院に行ってきなさい、と母に言われたけどイヤだ。だって、医者とはいえオジサマに身体触れて欲しくない。見せたくも無い。心を許せる人、一部の友達とか、そういう人にしか身体の一部分であっても見せたくない。だから今度、血栓の検査で病院に行くの、めちゃくちゃ嫌なんだよね。脚を触られまくるもん。

母は、すね毛があるわけでもないのに何が恥ずかしいのか、と不思議がる。何と言われようと、自分の身体が女性に近付こうとも、やっぱり自分の身体は好きになれない。何でだろう、こんな身体!って、凄く憎いのですよ。あと自信が持てない。女性に見えるのかもしれない。でも男性を感じさせるような気もして怖い。

ふと思ったけど、MTFは、見た目が元々中性的な人だけではない。とても毛深いとか、肩幅がごついとか、身長が高いとか、顔が大きいとか、色々といるはずだよ。そういう人たちの苦しみって、相当なものがあるのではないかな。

ブログ等のネットの世界は、それとなく謙遜しながらも、実は自分の容姿を誇示したいという、顕示欲だらけの世界のような気がする。トランスの過程の写真を堂々と載せている人は、言い換えると、堂々と載せられるほど自信がある、、のかもしれない。そう思うのは、写真を載せている人は皆、一定のレベルの容姿をしていたから。容姿で苦しんでいる人のブログは、目にしたことがないような。。

ジェンクリの待合室で見た顔は、MTFに限って言えば、それなりに恵まれた容姿をしている人しかいなかった。医者によっては、容姿で診断を下す不届き物もいるらしい。容姿に恵まれない人にとって、ジェンクリや精神科は行きやすい場所なのだろうか。違う気がするけどなぁ。。

一般の人たちは、男性→女性というと、はるな愛みたいな人間を連想するかもしれない。テレビ番組で、性同一性障害の特集が組まれると、出てくるのは、どちらかというと女性に見える人ばかり。性別の違和感で苦しむことを取り上げるのはいいけど、更に容姿の面で苦しむ人が多くいることは、取り上げられないことが多い。

ジェンダー革命ばかり持ち上げて悪いね。あの番組だけだよ、そういうことも取り上げていたのは。体毛、骨格、トランスジェンダーが直面する問題──ってね。そういう人たちの苦しみを伝えることも、大切なのではないのかなぁ。

他人の苦しみなんか全く頭を過ぎらず、自分のトランスした姿に陶酔している人、とても多い気がするって、ちょっと思った。そんなの、脱毛すればいいじゃん。矯正器具を買えばいいじゃん。なんて言われそうだけど、お金が無い人だっているし(私もだゾ)、そういう人ほど、心が病んでいそうな気がする。じゃあ死ねば、なんて人がいるとすれば、そんな人は悪魔としか思えない。

私だって、ずっと身体のことで悩んできているし、性同一性障害なら、ずっと苦しんできたはずだもの、そういうことって、気になったりしないかなぁ。。まあいいんですけど。私が勝手に思ってるだけです、はい。

さて、デパスちゃん。そうそう、バイトにウェブ応募したんです。そしたら、お風呂に入っている間に2回、電話があったみたい。さらにメールが着ていて「やる気が無いなら応募しないで下さい!」って、めちゃくちゃ怒った文体で書いてあった。

あーあ。私ってとことん駄目だ。。これで今年27だよ?救いようが無い。どんどん退化している気がする。本当にモルモット化している気がする。誰か飼ってくれないかなー;

広告を非表示にする

ひとりでは生きていけない。。。

性同一性障害 性別違和

性別の違和感を訴えて医療機関を受診した人が増えた。とテレビでやってたと母が言ってた。ふーん、そーですかー。男の人のほうが全体的に多いんだって。自己女性化愛好症の人らが多く含まれているだろうからね。

母は、自己女性化愛好症のことは知らないみたい。というか、一般の人の多くはそうだと思う。だから、性同一性障害と一緒くたにされてしまう。迷惑な話だよ。

私は、自分を女性化させることに性的な興奮なんか覚えない。自分の女性化した姿を見て悦に浸ったりしない。むしろ自分の身体なんか大嫌いだよ!いつも、お風呂上りに自分の身体を見て落ち込んでる!

小さな頃から、ずーっと苦しんできて、性同一性障害というものを知って、自分はそうなのかもしれないと、藁をもすがる思いで調べたら、出てくるのは女装して悦に浸っている自己女性化愛好症のおっさんばかり。

あれから時代が変わっても、結局はあまり変わっていない気がする。男性のほうが性別違和を訴える数がかなり多いのは、なんか変だと思わない?トランス後の見た目が綺麗な人でも、女性化が目的なだけの人間は性同一性障害じゃないと思う。小さな頃から苦しんで、自分の身体が好きになれなくて…そんな人は、今回のデータの内、いったい何%なのだろう。嘘つきの変態のほうが多く紛れている気がする。

「それで、あんたはどうするの?」って何がですか?と母に訊いたら、要するに女性として生きるのか否かということらしい。「女の子になりたいのだったら、なったらいいじゃない。好きなように生きたらいいって前から言ってるでしょ」お、おう。。何気に凄いことを言われている気がするネ。

だけど、どうしたらいいのか、自分でも良く分からないよ。長年、男性として生きてきてしまったし、それに、女性の中に紛れ込める自信が、いまいち無い。。

母や友達たちは、十分女性に見えると言ってくれるけど、もう少し客観的な意見が欲しい。あ、ナンパは経験しているのか…でも、やっぱり自信が持てないんだよね。それに女性として生きるとしても、今と大して変化ない生活になると思うけどなあ。

つまり、今までも結構、女性的な生き方をしてきたつもり。たまにレディースの服を着てるし、そうでなくてもユニセックスばかりだし、髪の毛は今でこそ短いけど、ずっとショートボブだったし。友達たちとは、完全に女性という枠で仲良くしてもらっているしね。女性として生きるとして、今までと比べて何が変化するのだろう?戸籍とかは無理だもんね。

ん、、その、結局、私は変化が怖いのかもしれないね。あーだこーだと言いながら、いざ、女性として生きてみるとなると怖い。昔からそうだったもん。変化にとても弱い人間だったよ。自分が変わることすら怖かった。だからモルモットなんだよ。変化に弱くてストレスに弱くて逃げちゃう。ひとりでうずくまってる事しかできない。よく似てる。だからこそ、頼りがいのある男性に引っ張っていって欲しかったんだよ。。

しかし、性同一性障害か。。知らない人には絶対に言いたくない。自己女性化愛好症やオネェタレントの影響だけではなく、何か変なイメージが世間に定着してしまっている気がする。各種の変なパレード、それに絡む政治家や変な団体、差別被害者意識とか。何だかネ。

今日は比較的、精神的に安定してた。明日はどうかな。そういえば母が、女性物の服や帽子を買ってあげよっかって言ってた。いらない。モルモットのままでいい。籠の中で静かに暮らしたい。私は何だろ、この先、生きていけるのだろうか。何もかも自信が無くなってきてる。。

広告を非表示にする

憧れのひと

性同一性障害

心療内科に行ってきた。パキシルが30mgに増えた。しばらくこれで様子を見るらしい。帰ってきて母と昼食。恐る恐る、ハートネットTVにチャンネルを合わせる。今日はLGBTじゃないよね?見たら、自死遺族のことを特集していた。違う意味で気まずいテーマ。。

でも、なんか、ちょっと、うーん。。好きな人と結婚して、子供を4人儲けて、その後に脳腫瘍に冒されたからと言って、何で自殺するのか理解できなかった。例えつらくても、大切な人がいつもそばにいてくれて、子供たちが応援してくれたら、負けるもんか!という気持ちにならないのかなぁ。でも、その人にしか分からない苦しみが、あったのだろうね。

私も、MTFとしては比較的恵まれた容姿をしているのに、悩んでばかりだもんね。贅沢をいうんじゃない、このクズ!とか思われているのかもしれない。でも、つらいものはつらい。この苦しみは、私にしかわからないよ。愛する人がいないって、本当に淋しい。

んで、母としばらく色々と話した。私のことを色々と。姉の服をこっそり着たこと、男にナンパされたこと、オカマと言われて傷ついたこと、チャイナドレス姿にされたこと、その姿のままでスーパーに買い物に行ったことなど。。

チャイナドレスを着た夜は、前に書いたことの他にも、買い物に行かされたのです。夜の繁華街は、よく警官がパトロールしているよね。見事に遭遇してしまった。職質されるかと思った。でも素通りだったよ。冷や冷やした。あと、何気に通行人の視線が凄かった。すごく恥ずかしかった。あと寒かった。

それと、チャイナドレスって横から足が丸見えになるでしょ。私は、太ももにも自傷痕があって、深くざっくりやっているから、傷が目立つんだよね。そういうのが見えたりしないか、すごく心配だった。

あと、その日はお客さんに(多分)冗談半分でハグされた。男性にぎゅーってされた経験は、人生でこの1回だけ。彼女がいた時だから、私が男性として彼女にハグしてあげたことは何度かあったけど、男性にされるというのは、全く感覚が違うなって思った。男性の大きい身体に包まれるのは、なんだか心地よかったんだよ。。複雑な気持ちだった。さすがにこんな話は、母にはしませんよ。

BARの仕事って、朝の5時くらいまで働くから、いつも始発で帰るのだけど、同じ時期に働き出した同僚が、よくバイクで来ていたので、彼がバイクで来た時は、いつも家まで送ってもらっていた。大型のバイクで、えーと、バイクや車はよくわからないや。

時々、寄り道したりもした。客がいない時は、中途半端に早く終わることもあるから、景色が綺麗だからって高台に連れて行ってもらったこともあったよ。

年齢は殆ど同じで、フリーターで、つまりどっちも似た物同士だね。でも彼は、この世界で生きていくという明確なビジョンを持っていた。優しくて、なかなかイイ男でしたよ。

友達に、男の人を好きになったことある?と聞かれて、憧れの人は居たと答えた、その憧れの人は、この同僚のことなんだよ。「お前、妙に女っぽいところあるよな」って言われたことがあったけど、素の自分が出てしまっていたのだろうさ。というか、彼氏のバイクに乗せてもらう女の人の気持ちが、ちょっとだけ分かっちゃいました。

でも、私には彼女がいたから、物凄く心のメーターが揺れまくっていた。女と恋愛したいのか、男と恋愛したいのか、結構揺れた時期があった。彼女がいるのに、何を考えているんだって自問してた。その後、私が精神面で破綻して先に辞めたから、彼が今、何をやっているのかは知らない。

最近、文章がおかしい気がするけど、読みにくかったらごめんなさい。ん、、元からおかしいけどね。。いや、なんか最近、頭がぼぉーっとしているというか、常に霞がかかっているみたいにスッキリしなくて。それに眠れない。やっぱりデパスに頼ろ。。

広告を非表示にする

もう血栓でも何でも来いっ

性同一性障害

朝はちょっとだけ気分がよかった。だから両親と出かけた。そしたら周りはカップルや家族連ればかりだった。幸せそうな女性にばかり目がいった。気分がどんどん沈んだ。立っているのもしんどくて、ひとりでベンチに座ってた。ずっと座ってた。帰り、勝手に涙があふれてきた。気が付いたら涙がボロボロ流れた。

ああ駄目だ。外の世界は幸せであふれてる。みんな幸せそうだよ。私だけ不幸のどん底にいる。早く家に帰りたい。デパス飲みたい。もう寝てしまいたかった。何もかも忘れたかった。

家に帰ってデパスを口に放り込んでベッドに倒れこんだ。母は一生懸命、私のことを理解しようとしてくれているのに、ごめん、私もう駄目だ。。生きるのが本当に苦しいよ。もう楽になりたい。気がおかしくなりそう。そう思っているうちに気が付いたら夜まで寝てた。

母は、みんな幸せそうに見えて、意外とそうではない人も多くいると言うのだけど。そうかもしれない。でも最初はみんな、幸せだったはずだよ。私は、その幸せすら経験してない。男性としての恋愛は経験したけど、それが本当の意味で幸せだったのなら、そのまま関係を続けていたよ。

それより、無理をして男性として生きてきた反動が最近すごいんだよ。もう男性を演じるの疲れた。とにかく疲れた、男性に頼りたい、甘えたいよ。。でも無理だもんね。どーせオカマ扱いだし!その辺の女性より容姿は自信あるのになーっと!泣

性同一性障害の診断が出る出ないって、何となく容姿の影響が大きい気がする。意外とすんなり診断が出たもんなぁ。というのは、容姿は、自分を女性に近付けようと努力してきた証拠でもあるもんね。

別に肩幅や体格、身長が大きいとアウト、と言ってる訳ではないよ?どんな体格だろうと、少しでも女性に近付けようとした努力の跡が見られるか否かというね。だから、学生時代にあれこれやっておいて良かったなーって思ってる。今は何もしてないけど。。

それと、苦しみを日記に書き綴っていたから、それも一応、読んでもらいましたよ。要は、ここで書いているのと同じようなことを、学生時代ずっと書いてきたからね。

ある意味、遺書のつもりだったんだよ。もし自殺したら、実はこれだけ性別違和で苦しんでいた、ということを両親に知って貰おうと書いてた。性別違和を告白した辺りで、もう書かなくなったけど。

それで診断が出て、何かが変わるかも…と思ったけど、何も変わらなかった。診断書を見せたらホルモン注射をしてもらえるけど、あれ痛いんだよネー。私は大の注射嫌いなので、錠剤をがばがば飲んでたら、血栓というオチ。もう嫌になる。。

ところで、実は最近、血栓が出来ているほうのふくらはぎが、またむくんでいるのです。クリマラを貼ったから?まだ1週間しか経ってないけど、関係あるかなあ。でもいいよ、このままクリマラを続ける。なんかもう、どうなってもいい。最悪、死んじゃえばいい。あーあ、ホルモン剤、捨てるんじゃなかった。飲み続ければよかった。

明日はお薬配給日かぁ。。デパスをがばがば飲んでみたいな。何もかも忘れてふわふわしたい。またお酒+デパスに頼りたい。本当に、ちょっと心が弱ってきてる。。

広告を非表示にする